演劇

Classic Theatre vol.2

愛人刑事

デザイン:山口はるみ

0 お気に入りチラシにする

演劇

Classic Theatre vol.2

愛人刑事

★☆北区AKT STAGE

北とぴあ ペガサスホール(東京都)

2013/12/12 (木) ~ 2013/12/15 (日) 公演終了

上演時間:

「村井君、なぜ撃ったんだ!」
「正当防衛ですわ」
「正当防衛で、君は何人の命を奪えば気がすむのかね!」

その女、村井玲子。警視庁捜査一課刑事、二十五歳、独身。
己の身体を武器に犯人をベッドに誘い込み、正当防衛を理由に射殺するハードな女。
女は「重宗ファイル」と呼ばれる一通の機密文...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/12/12 (木) ~ 2013/12/15 (日)
劇場 北とぴあ ペガサスホール
出演 高野愛、栗林真弓、松島佳代、杉山圭一、逸見輝羊、松本有樹純、武田義晴
脚本 つかこうへい
演出 渡辺和徳
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2013/10/25
前売り2500円/当日3000円
サイト

http://aktstage.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月12日(木)19:00
12月13日(金)19:00
12月14日(土)14:00/18:00
12月15日(日)14:00/18:00
説明 「村井君、なぜ撃ったんだ!」
「正当防衛ですわ」
「正当防衛で、君は何人の命を奪えば気がすむのかね!」

その女、村井玲子。警視庁捜査一課刑事、二十五歳、独身。
己の身体を武器に犯人をベッドに誘い込み、正当防衛を理由に射殺するハードな女。
女は「重宗ファイル」と呼ばれる一通の機密文書を探していた。

重宗ファイル…。
それは終戦近づく一九四五年、ルーズベルトと日本の外務大臣・重宗伊作との間で交わされた、原爆投下に関わる秘密条約である。

『原爆を一発落とさせてくれれば、戦後の高度成長は約束する』

日本本土への原爆投下は、日本政府の指示の元に行われた。 そしてその原爆投下のボタンを押したのは、一人の朝鮮人…犬子恨一郎。

万が一その条約を記したそのファイルが公開されれば、戦後の世界情勢を一変させることになる。
玲子はファイルを取り戻すため、香港へと飛んだ。
ファイルを手にしているのは、香港の財政会を裏から操る暗黒街のボス・李正元。
かつて原爆を投下したエノラ・ゲイに乗っていたというこの男は、世界を揺るがす機密を手に北朝鮮に渡り、金正日に近づこうとしていた...。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/11/15 19:11 by 古屋太朗

[最終更新] 2013/12/17 07:04 by 古屋太朗

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大