ポーラは嘘をついた―Paralyzed Paula―

B201 [早稲田大学学生会館](東京都)

2014/01/09 (木) ~ 2014/01/12 (日) 公演終了

上演時間:

―日課は人が狂気をまぬがれる唯一の策である。


拘束は道だ。急に曲がったりしないし、崖から突き落とすこともない。

拘束は歴史の積み重ねである。拘束は金がかかる。しかしこれは税金みたいなもので、なんだかんだみんな払っている。

拘束は加速する。拘束は人を自由にする。拘束は関心を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

ポーラは嘘をついた番外公演@B201
※イヤフォン・最大音量による視聴をお勧めします。
※途中まっくらな映像が続きますが、演出によるものですのでそのままお楽しみください。

公演詳細

期間 2014/01/09 (木) ~ 2014/01/12 (日)
劇場 B201 [早稲田大学学生会館]
出演 福井望友
脚本 鈴木りりせ
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~
【発売日】2014/01/01
フリーカンパ公演
サイト

http://paralyzed-paula.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月9日(木)20:00
1月10日(金)20:00
1月11日(土)15:00/19:00
1月12日(日)14:00/18:00
説明 ―日課は人が狂気をまぬがれる唯一の策である。


拘束は道だ。急に曲がったりしないし、崖から突き落とすこともない。

拘束は歴史の積み重ねである。拘束は金がかかる。しかしこれは税金みたいなもので、なんだかんだみんな払っている。

拘束は加速する。拘束は人を自由にする。拘束は関心を内へ内へ
外へ向かない自己は中に外を見、
私の想像をかきたてる 夢が広がる 希望 栄光 差し込む未来は人を美しく泳がせる。

ふと 起きられない 朝がくる


ああ、春のようだ。


本作は新フロイト主義のエーリック・フロム「自由からの逃走」による


当団体初のフリーカンパ制です。ご観劇後にお好きな金額を入れて頂く形式なので、初めての方でもお気軽にお楽しみ頂けます。

この機会にぜひ、ポーラを体験ください!
その他注意事項 ※途中入場不可です!入場はお早めに。
スタッフ

[情報提供] 2013/10/23 22:18 by りりせ

[最終更新] 2014/01/13 18:33 by おかだ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

おかだ

おかだ(5)

こんにちは。

福井みゆ

福井みゆ(0)

どきどきです。 よろしくお願いします。

りりせ

りりせ(0)

脚本 演出 宣伝美術

主宰です。2014年の始まりの一本です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大