演劇

One Bill Bandit 7th play

冬のグアムは空のまち

One Bill Bandit

池袋GEKIBA(東京都)

2013/12/07 (土) ~ 2013/12/08 (日) 公演終了

上演時間:

One Bill Banditの第七回公演(ラッキーセブン)
今年も全力で「大人の悪ふざけ」演ります。

★あらすじ
「グアム潮陸」そこは日本海側の町「潮陸町」に作られたテーマパーク。ゴミ焼却場から排出される熱で、火力発電と温水プールを運営するエコロジーな未来指向の施設。そのグアム潮陸...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/12/07 (土) ~ 2013/12/08 (日)
劇場 池袋GEKIBA
出演 鈴木雅康、葦田京喜、深井敬哲、嶋田誠我、金澤れーじ、錦織佑、鈴木晃二、さいとうちり
脚本 木下伸哉
演出 木下伸哉
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,000円
【発売日】2013/10/26
前売・当日 ともに1000円
サイト

http://onebill.bufsiz.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月7日(土)15:00/19:00
12月8日(日)14:00/18:00
説明 One Bill Banditの第七回公演(ラッキーセブン)
今年も全力で「大人の悪ふざけ」演ります。

★あらすじ
「グアム潮陸」そこは日本海側の町「潮陸町」に作られたテーマパーク。ゴミ焼却場から排出される熱で、火力発電と温水プールを運営するエコロジーな未来指向の施設。そのグアム潮陸の付近一帯は、グアムをイメージした常夏の町として整備された。潮陸町は「日本海にあるグアム」として生まれ変わったのだ。

三年後、潮陸の人達は気付いた。

「グアム潮陸は、冬は客が来ない。」

付近から温泉が沸かないグアム潮陸は「温泉」が名乗れず、「温水プール」と「お風呂」しか無い。見た目は常夏の町も、冬は寒風吹きすさぶ日本海の町に早変わり。

そんな町でバナナボート屋の息子の大島武雄は、観光客の白川と出会う。

「私、冬の日本海を見に来たの。」

日本海側のグアムで起こる、親子と観光客と漁師とグアムな人が巻き起こす

いつかの未来の故郷の話。

「俺さ、夏が好きなんだよ。」

ようこそ!寒風吹きすさぶ常夏へ!


★One Bill Banditとは
2001年活動開始したプロデュース公演。「1000円、年1回」。元芸人でシュールでポップな笑いを身上とする木下伸哉を中心に、様々なジャンルの人間が集まってコメディを作っている。曰く「遊びの演劇」。

動員数が伸び続け、ホームのサンライズホールでは収まり切らなくなったため、今回池袋のGEKIBAに拠点を移すことに。

その他注意事項
スタッフ 制作・大内なぎさ、村尾敦史、柳川由美子/照明・松城祥季(空間創作人ぶんちょう)/衣装・高橋春猪/音響・内野遥香(劇団円想者)

[情報提供] 2013/10/19 01:36 by シッツァ

[最終更新] 2014/02/13 10:09 by KEN

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

すーさん

すーさん(0)

役者・俳優

若さって何かな。。

けーてつ

けーてつ(0)

役者・俳優

ぬるりと刺します

K.A.

K.A.(0)

泳ぎきる!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大