演劇

アジア舞台芸術祭

特別講演(プロデューサー企画公演)

演劇

アジア舞台芸術祭

全事経験恋歌 (ゼンジ.ケイケン.エレジー)

特別講演(プロデューサー企画公演)

アジア舞台芸術祭制作オフィス

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2013/11/04 (月) ~ 2013/11/04 (月) 公演終了

上演時間:

ある日、図書館に勤める美香3 5 才が本を読み始める。
この本の内容は、愛し合っていた夫人と人形使い2人の悲恋。
美香は悲劇的な終わりを避けようと、本の世界のなかに入って、
物語を書き直し始める。
夫人、人形遣いと「物語を勝手に変更するな」と言いあいとなる。
美香を演じる光瀬指絵の体...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/11/04 (月) ~ 2013/11/04 (月)
劇場 東京芸術劇場 シアターイースト
出演 ロウ・ペイフェン〈身聲劇場(台北)〉、チャン・ウェイロイ〈身聲劇場(台北)〉、光瀬指絵
脚本
演出 矢内原美邦(作・演出・振付)
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】2013/10/01
サイト

http://www.butai.asia/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1 1 月4 日( 月・休)1 6:3 0
説明 ある日、図書館に勤める美香3 5 才が本を読み始める。
この本の内容は、愛し合っていた夫人と人形使い2人の悲恋。
美香は悲劇的な終わりを避けようと、本の世界のなかに入って、
物語を書き直し始める。
夫人、人形遣いと「物語を勝手に変更するな」と言いあいとなる。
美香を演じる光瀬指絵の体験とルーツをめぐる現実世界の物語が交錯し、
リアルとフィクション、過去と現在がめまぐるしく交差する。
登場人物達は、忘れさられてゆくものへの哀愁を
最後にお互いに理解し合う。
その他注意事項 A P A F 2 0 1 2 初演 台北作品
[ 日本語・中国語上演 / 日本語・英語字幕付]
スタッフ 映像 高橋啓祐

[情報提供] 2013/09/27 08:35 by APAF

[最終更新] 2013/11/07 16:52 by APAF

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

APAF 2013

APAF 2013(0)

制作オフィス

APAF

APAF(0)

昨年のA PA F で初演して好評を博した『全事経験恋...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大