新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2013/10/03 (木) ~ 2013/10/22 (火) 公演終了

休演日:※22日は貸切

上演時間:

世界第一線の歌手による火花散る競演!新国立劇場が贈る21世紀のヴェルディ!

醜い道化師リゴレット、純真な娘ジルダ、放蕩者マントヴァ公爵を軸に繰り広げられる、愛、呪い、そして復讐のドラマ『リゴレット』。「女心の歌」「慕わしき人の名は」「悪魔め、鬼め!」など数々の名アリア、重唱に溢れ、ヴェ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/10/03 (木) ~ 2013/10/22 (火)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 マルコ・ヴラトーニャ、エレナ・ゴルシュノヴァ、ウーキュン・キム、妻屋秀和、山下牧子、谷友博、ほか
脚本 ヴェルディ
演出 アンドレアス・クリーゲンブルク
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 26,250円
【発売日】
S席 26,250円
A席 21,000円
B席 14,700円
C席 8,400円
D席 5,250円
Z席 1,500円
サイト

http://www.atre.jp/13rigoletto/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 世界第一線の歌手による火花散る競演!新国立劇場が贈る21世紀のヴェルディ!

醜い道化師リゴレット、純真な娘ジルダ、放蕩者マントヴァ公爵を軸に繰り広げられる、愛、呪い、そして復讐のドラマ『リゴレット』。「女心の歌」「慕わしき人の名は」「悪魔め、鬼め!」など数々の名アリア、重唱に溢れ、ヴェルディの中でも高い人気を誇る本作品を、鬼才クリーゲンブルクの演出により新制作上演します。
歌手陣には、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場などで活躍するイタリア人バリトンのヴラトーニャ、美貌と美声を兼ね備えたゴルシュノヴァ、09年『椿姫』の好演が記憶に新しいキムなどを迎えました。


<あらすじ>
16世紀北イタリア。放蕩者のマントヴァ公爵に仕える道化師リゴレットは、皆の嫌われ者。娘を公爵に弄ばれたモンテローネ伯爵は、嘲るリゴレットを呪う。一方リゴレットの一人娘ジルダは身分を偽ったマントヴァ公爵に恋をしてしまう。リゴレットに恨みを持つ廷臣は娘を誘拐し、公爵のもとに連れ去る。これを知ったリゴレットは、半狂乱で殺し屋に公爵殺害を依頼するが、公爵を愛するジルダが密かに身代わりとなる。リゴレットが殺し屋から受け取った袋を開けると瀕死のジルダが…。
その他注意事項
スタッフ 指揮:ピエトロ・リッツォ

[情報提供] 2013/09/27 00:52 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/10 16:43 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大