演劇

演劇集団円

ステージ円(東京都)

2013/09/02 (月) ~ 2013/09/23 (月) 公演終了

上演時間:

2012年度第47回紀伊國屋演劇賞個人賞、第16回鶴屋南北戯曲賞、第20回読売演劇賞優秀演出家賞をトリプル受賞した、いまもっとも注目を集める東憲司さん。その受賞後初、外部劇団へ書き下ろす意欲作です。

物語は、「ハコブネ」と呼ばれる港町の安宿「洋洋館」。そこを切り盛りする潮という女、煙突掃...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/09/02 (月) ~ 2013/09/23 (月)
劇場 ステージ円
出演 朴路美、野村昇史、山崎健二、伊藤昌一、福井裕子、石田登星、渡辺穣、林真里花、大窪晶、吉澤宙彦、石原由宇、吉田久美、清田智彦、山下真琴、近松孝丞、杉浦慶子、石黒光、原優子
脚本 東憲司
演出 東憲司
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,800円
【発売日】
(全席指定) 一般4,800円 ペアチケット9,000円(劇団扱いのみ) 学生3,500円(劇団扱いのみ)
サイト

http://www.en21.co.jp/natunohakobune.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2012年度第47回紀伊國屋演劇賞個人賞、第16回鶴屋南北戯曲賞、第20回読売演劇賞優秀演出家賞をトリプル受賞した、いまもっとも注目を集める東憲司さん。その受賞後初、外部劇団へ書き下ろす意欲作です。

物語は、「ハコブネ」と呼ばれる港町の安宿「洋洋館」。そこを切り盛りする潮という女、煙突掃除の若者や春を売る女達の交差する様々な想いを通して、泥底から這い上がろうとするもの達の希望、そして父娘の『血の記憶』を描きます。
総勢18名の俳優たちが紡ぎだす生きとし生ける者たちの寓話劇。繊細に、そして大胆に放熱する舞台にご期待下さい。

…幾つも戦争ありました…瓦礫になったこの町に、煙突がお空にのびました……
…炊事場、風呂、旅館、工場、そして火葬場…煙突は人間の生きる証でした…
煙突が立ち並ぶ、いつかどこかの港町…
その町の本当の名前は誰も知らない…その町の住人は、この町を『ハコブネ』と呼んでいた…
その他注意事項
スタッフ 美術:東憲司 照明:小笠原純 音響:藤田赤目 衣裳:西原梨恵 
演出助手:後藤彩乃 舞台監督:清水義幸  宣伝美術:山下浩介 
制作:桐戸英二 宮本良太 

[情報提供] 2013/08/21 16:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/10/28 00:52 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大