舞踊・バレエ

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2014/06/12 (木) ~ 2014/06/16 (月) 公演終了

上演時間:

2011年、新国立劇場バレエ団によって初演され、大変高い評価を得た大作の待望の再演です。元々はジョン・クランコが構想したバレエ作品で、イギリスの作曲家ベンジャミン・ブリテンに音楽委嘱し、3幕構成の『パゴダの王子』が英国ロイヤル・バレエで誕生しました。その後マクミランも手を入れ、新演出として上演...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/06/12 (木) ~ 2014/06/16 (月)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演
演出
振付 デヴィッド・ビントレー
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 12,600円
【発売日】2014/03/16
S席 12,600
A席 10,500
B席 7,350
C席 4,200
D席 3,150
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/30000078_ballet.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2011年、新国立劇場バレエ団によって初演され、大変高い評価を得た大作の待望の再演です。元々はジョン・クランコが構想したバレエ作品で、イギリスの作曲家ベンジャミン・ブリテンに音楽委嘱し、3幕構成の『パゴダの王子』が英国ロイヤル・バレエで誕生しました。その後マクミランも手を入れ、新演出として上演されましたが、新国立劇場での新制作にあたり、ビントレーは物語を練り直し、歌川國芳の浮世絵にインスピレーションを得て全く新たな『パゴダの王子』を創り上げました。日英の文化を融合させ、主人公さくら姫の冒険を通して家族の絆を力強く、ユーモアたっぷりに描いた「日本をテーマにしたファンタジー」 バレエ。英国では13年に作曲家ブリテンの生誕100周年を祝うBritten 100の関連企画として、14年2月に英国バーミンガム・ロイヤル・バレエによる本プロダクションの上演が決定しています。
その他注意事項
スタッフ 【音楽】ベンジャミン・ブリテン
【振付】デヴィッド・ビントレー

[情報提供] 2013/06/30 17:41 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/06/16 10:27 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大