演劇

アガサ・クリスティー

サスペンスオムニバス

PureMarry

三越劇場(東京都)

2013/07/02 (火) ~ 2013/07/03 (水) 公演終了

上演時間:

1950年代にイギリスBCCラジオで「ラジオドラマ」として放映された
アガサ・クリスティーの二つの作品「最後のディナー」と「フェイからの電話」。
当時、「クリスティーの傑作」と評価されながらも、書籍化や映像化されることはありませんでした。最近になり、クリスティーのエージェントにより「タイプ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/07/02 (火) ~ 2013/07/03 (水)
劇場 三越劇場
出演 多岐川裕美、竜小太郎、加納竜
脚本
演出 ジェイスン・アーカリ
料金(1枚あたり) 5,850円 ~ 6,800円
【発売日】
サイト

http://puremarry.com/suspense.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2013年 7月2日(火) 18:30/  3日(水) 12:00・16:00
説明 1950年代にイギリスBCCラジオで「ラジオドラマ」として放映された
アガサ・クリスティーの二つの作品「最後のディナー」と「フェイからの電話」。
当時、「クリスティーの傑作」と評価されながらも、書籍化や映像化されることはありませんでした。最近になり、クリスティーのエージェントにより「タイプ打ちに手書きで修正された台本」が発見され、「マウストラップ」「名探偵ポワロ」などのクリスティーのプロデュース作品を数多く手がけるピュアーマリーが、世界で初めてこの二作品を舞台化することとなりました。

■『アガサ・クリスティー サスペンスオムニバス』

●第一部:最後のディナー(原題:Butter In A Lordly Dish)
敏腕訴訟代理人のルークは、連続美女殺人事件で今度も勝訴を勝ち取った。
週末には、新しい浮気相手とアバンチュールの旅に出る。
それが最後のディナーになるとも知らずに・・・

●第二部:フェイからの電話 (原題:Personal Call)
新婚夫婦ジェームスとパムは、友人たちを招いてパーティの真っ最中、そこへ、ジェームス宛てに電話が。あり得ないいたずら電話に憤慨したジェームスは、とりついだ電話交換手にイギリスのどこからかけてきたものか問うが、交換手はジェームス宛に電話はとりついでいないという。
電話の相手は? 謎の電話に翻弄されていく二人の運命は・・・

その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2013/06/28 04:03 by 長寿郎

[最終更新] 2013/07/05 14:34 by 長寿郎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大