演劇

予告動画・稽古場写真公開中

第七廻公演

蝶を夢む

デザイン:吉水彩乃

0 お気に入りチラシにする

演劇

予告動画・稽古場写真公開中

蝶を夢む

第七廻公演

芝居屋風雷紡

シアター711(東京都)

2013/08/11 (日) ~ 2013/08/18 (日) 公演終了

上演時間:

昭和25年、盛夏。
焼けつくような白昼。

豊島区の外れにある崩れかけて洋館。
軋みながらレコードから流れる、叩きつけるようなピアノと狂ったような歌声の中、女たちは車座になって事切れていた。
血反吐に汚された、絢爛豪華な衣装。
充満する甘酸っぱい香り。
割れたグラスから零れた貴腐...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

詳細→http://www.fu-raibow.com/index.html 作:吉水恭子 演出:横森文(トツゲキ倶楽部) 【日時】2013年8月11日(日)~18日(日) 【場所】シアター711 【前売り】3000円 【当日】3500円 【演劇部割】1000円(要学生証提示・劇団のみお取扱い) 【出演】 堀奈津...

公演詳細

期間 2013/08/11 (日) ~ 2013/08/18 (日)
劇場 シアター711
出演 堀奈津美(DULL-COLOREDPOP)、祥野獣一(獣劇隊)、若林えり(DULL-COLOREDPOP)、Satoko(青果鹿)、高橋亮次、市森正洋、森田あや、横森文(トツゲキ倶楽部)、吉水恭子、山村鉄平、谷仲恵輔、吉水雪乃
脚本 吉水恭子
演出 横森文(トツゲキ倶楽部)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,500円
【発売日】2013/06/23
前売り 3000円
演劇部割 1000円(要学生証提示・劇団のみお取扱い)
当日 3500円

※全席自由
サイト

http://www.fu-raibow.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 昭和25年、盛夏。
焼けつくような白昼。

豊島区の外れにある崩れかけて洋館。
軋みながらレコードから流れる、叩きつけるようなピアノと狂ったような歌声の中、女たちは車座になって事切れていた。
血反吐に汚された、絢爛豪華な衣装。
充満する甘酸っぱい香り。
割れたグラスから零れた貴腐ワイン。
最期の息で女が残した『予防薬』という言葉。
残された東京都衛生局の腕章。

女たちはなぜ死なねばならなかったのか。

シューベルトの『魔王』と、萩原朔太郎の詩が織りなす芝居屋風雷紡版「帝銀事件」


座敷のなかで 大きなあつぼつたい翼をひろげる
蝶のちひさな 醜い顏とその長い觸手と
紙のやうにひろがる あつぼつたいつばさの重みと。
わたしは白い寢床のなかで眼をさましてゐる。
しづかにわたしは夢の記憶をたどらうとする
夢はあはれにさびしい秋の夕べの物語
水のほとりにしづみゆく落日と
しぜんに腐りゆく古き空家にかんするかなしい物語。

夢をみながら わたしは幼な兒のやうに泣いてゐた
たよりのない幼な兒の魂が
空家の庭に生える草むらの中で しめつぽいひきがへるのやうに泣いてゐた。
もつともせつない幼な兒の感情が
とほい水邊のうすらあかりを戀するやうに思はれた
ながいながい時間のあひだ わたしは夢をみて泣いてゐたやうだ。

あたらしい座敷のなかで 蝶が翼をひろげてゐる
白い あつぼつたい 紙のやうな翼をふるはしてゐる。
(蝶を夢む・萩原朔太郎)
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】 吉田慎一(Y’s factory)
【舞台美術】 澁澤萌
【照明】 稲垣良治
【音響】 岡田 悠(One-Space)
【衣装】 Chie(*rism)
【制作】 芝居屋風雷紡(吉水彩乃、花房理奈)
【撮影】 古里麻衣
【映像】 川本啓(イカを呼ぶ!)
【歌唱協力】 塚陽子

[情報提供] 2013/05/20 11:33 by 吉水恭子(芝居屋風雷紡)

[最終更新] 2013/10/21 14:05 by 吉水恭子(芝居屋風雷紡)

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー9

chie*

chie*(1)

衣装さんとして参加しましたぁ。

川本啓

川本啓(9)

映像

映像を作らせて頂きました。

 堀 奈津美

 堀 奈津美(0)

出演いたします。 女は孤独。 孤独は女。 ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大