演劇

ふじのくに⇄せかい演劇祭2013

Hate Radio

デザイン:(c)Frank Schroeder

0 お気に入りチラシにする

演劇

ふじのくに⇄せかい演劇祭2013

Hate Radio

SPAC・静岡県舞台芸術センター

静岡芸術劇場(静岡県)

2013/06/29 (土) ~ 2013/06/30 (日) 公演終了

上演時間:

軽妙なポップ・ミュージックの中に織り込まれた「悪意」
「憎しみのラジオ」が撒き散らす死のプロパガンダ――。
1994年、ハビャリマナ大統領の暗殺を皮切りに未曾有の惨事「ルワンダ虐殺」が始まる。100日間で犠牲になった「ツチ族」の数は50万とも、100万とも言われる。この凄惨な大虐殺の一翼を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/06/29 (土) ~ 2013/06/30 (日)
劇場 静岡芸術劇場
出演 アファザリ・デワエレ、セバスティアン・フーコー、エステル・マリオン、ナンシー・ンクシ、ディオジェーヌ・ンタリンドワ(アトム)
脚本 ミロ・ラウ
演出 ミロ・ラウ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】
一般大人:4,000円/大学生・専門学校生2,000円/高校生以下1,000円
サイト

http://www.spac.or.jp/f13radio.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6/29(土)、30(日)13時30分開演
説明 軽妙なポップ・ミュージックの中に織り込まれた「悪意」
「憎しみのラジオ」が撒き散らす死のプロパガンダ――。
1994年、ハビャリマナ大統領の暗殺を皮切りに未曾有の惨事「ルワンダ虐殺」が始まる。100日間で犠牲になった「ツチ族」の数は50万とも、100万とも言われる。この凄惨な大虐殺の一翼を担ったとされるのが、ミルコリンズ自由放送(RTLM)というラジオ局であった。ミロ・ラウはこのラジオ局のメインパーソナリティであったヴァレリーやカンタノ、現在は戦犯として収監されている関係者たちにインタビューを行い、ラジオ局の内部を詳細に再現した。「その時」ルワンダで最も人気のラジオ局で、いったい何が起きていたのか。


冷戦終結後最大のジェノサイドと言われる「ルワンダ虐殺」
その裏には国民的な「声」を持つパーソナリティたちがいた。
隣人を襲う人々の手にはラジオが握られていたという。DJは「ツチ族」との友好を否定し、「フツ族」の団結を歌った、シモン・ビキンディの『こんなフツ族は嫌だ』を流し、女性パーソナリティのヴァレリーが「ツチ女性」へのレイプを示唆した後は、ニルヴァーナの『Rape me』を流す。ベルギー人ジョルジュの伝える国際ニュースにはウィットと悪意のある“民族ジョーク”が混じり、カンタノは11歳のリスナーとの電話のやり取りで隣人を狩ることを鼓舞する。彼らを演じるのは、主にルワンダ出身の俳優たちである。
※現在のルワンダ政府は、「ツチ族」「フツ族」という民族の区分は植民地支配の産物であるとしている。
その他注意事項 ◎終演後にミロ・ラウ(脚本・演出)と宮城聰によるアーティスト・トークを行います。
スタッフ ドラマトゥルギー、コンセプチュアル・マネジメント:イェンス・ディートリッヒ
舞台美術・衣裳デザイン:アントン・ルーカス
映像:マルセル・ベーハティガー
音響デザイン:イェンス・バウディッシュ
製作:インターナショナル・インスティテュート・オブ・ポリティカル・マーダー(IIPM)
プロダクション・マネージメント:ミレナ・キプフミュラー
広報:イヴェン・アウグスティン
科学協力:エヴァ=マリア・バーチー
音響デザイン協力:ペーター・ゲーラー
コーポレート・デザイン:ニナ・ウォルターズ
学術アドバイス:マリー=ソレイユ・フルール、アスンプタ・ムギナレーザ、シモーネ・シュリントヴァイン

[情報提供] 2013/05/15 07:32 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/06/07 16:19 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大