演劇

劇団鹿殺し第17回公演

劇場へ行こう!~駅前劇場編~ 参加作品

演劇

劇団鹿殺し第17回公演

2008改訂版・百千万(ももちま)

劇場へ行こう!~駅前劇場編~ 参加作品

劇団鹿殺し

駅前劇場(東京都)

2008/01/11 (金) ~ 2008/01/21 (月) 公演終了

休演日:11/16(火)

上演時間:

 福井県美浜町の原発で事故が起こる。同じ年に生まれた少年、「エンゲキ」。彼の頭は肥大し、腸でぐるぐる巻きの体はがんじがらめの姿であった。
 母親は彼を産んですぐに失踪。父親は醜い息子「エンゲキ」を哀れみ、部屋に閉じ込めて育てる。
 しかし、ある日外に飛び出し鏡をのぞいた「エンゲキ」は自らの...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/01/11 (金) ~ 2008/01/21 (月)
劇場 駅前劇場
出演 オレノグラフィティ、丸尾丸一郎、菜月チョビ、岸本啓孝、橘義一、丸山知佳、政岡泰志(動物電気)、他
脚本 丸尾丸一郎
演出 菜月チョビ
料金(1枚あたり) 3,200円 ~ 3,500円
【発売日】2007/11/24
前売り3,200円 当日3,500円
サイト

http://shika564.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  福井県美浜町の原発で事故が起こる。同じ年に生まれた少年、「エンゲキ」。彼の頭は肥大し、腸でぐるぐる巻きの体はがんじがらめの姿であった。
 母親は彼を産んですぐに失踪。父親は醜い息子「エンゲキ」を哀れみ、部屋に閉じ込めて育てる。
 しかし、ある日外に飛び出し鏡をのぞいた「エンゲキ」は自らの醜い姿を目撃。
 父親は言う。「外の世界など見なくてもいい。お前には何もできないのだから」
 「自分には何もできないのだろうか。なぜ自分が醜く、非力に生まれてきたのか、そのなぞを解きたい!」家を飛び出したエンゲキは不自由な体で長い長い旅に出る。旅の途中、さまざまな世界で力いっぱい生きる人々の姿に、生きること、一心に何かを突き詰めることの持つ力、メッセージを受け取り、、エンゲキは少しずつ、自分の中に芽生える野心や衝動を確認していく。はたして彼の長い旅路の果てにあるものとは何なのか……。
 原発事故に隠された秘密をとくサスペンスな一面を見せながら、劇団鹿殺しの抱く「演劇」の可能性を探すロードムービーとも言える作品。
その他注意事項 1/11 19:30 =初日イベント
1/12 14:00 =丸尾丸プロデュースイベント
1/13 14:00 =李プロデュースイベント
1/14 19:30 =オレノグラフィティプロデュースイベント
1/15 19:30 =菜月チョビプロデュースイベント
スタッフ 劇中歌:李/舞台監督:佐藤 恵・杣屋昌洋/舞台美術:加藤まゆこ/照明:工藤雅弘(Fantasista?ish.)/照明操作:吉村愛子(Fantasista?ish.)/音響:高橋秀雄(Sound Cube)/衣装:赤穂美咲/映像:ムーチョ村松(トーキョースタイル)/制作:遠山ちあき・内藤玲奈/制作統括:樺澤 良/企画・製作劇団鹿殺し/主催:オフィス鹿

[情報提供] 2007/09/11 00:49 by こりっち管理人

[最終更新] 2009/01/04 23:46 by お台場SHOW-GEKI城

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大