演劇

劇団青年座第207回公演

横濱短篇ホテル

劇団青年座

紀伊國屋ホール(東京都)

2013/04/19 (金) ~ 2013/04/28 (日) 公演終了

上演時間:

マキノノゾミ氏は青年座にこれまで三作品書き下ろしています。
一作目は与謝野晶子を主人公にした『MOTHER』
作家、歌人ではなく母親の視点から与謝野晶子の生活を描いた作品。
二作目は理化学者・寺田寅彦をモデルにした寺田冬彦を主人公にした『フユヒコ』
悪妻と言われたりんを中心に昭和の良き...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/04/19 (金) ~ 2013/04/28 (日)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 加門良、横堀悦夫、大家仁志、小豆畑雅一、田島俊弥、桜木信介、逢笠恵祐、須田祐介、津田真澄、椿真由美、加茂美穂子、小暮智美、香椎凜、田上唯
脚本 マキノノゾミ
演出 宮田慶子
料金(1枚あたり) 5,500円 ~
【発売日】2013/03/14
サイト

http://seinenza.com/performance/public/207.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月19日(金)18:30
4月20日(土)14:00
4月21日(日)14:00
4月22日(月)18:30
4月23日(火)18:30
4月24日(水)14:00
4月25日(木)14:00
4月26日(金)18:30
4月27日(土)14:00
4月28日(日)14:00
説明 マキノノゾミ氏は青年座にこれまで三作品書き下ろしています。
一作目は与謝野晶子を主人公にした『MOTHER』
作家、歌人ではなく母親の視点から与謝野晶子の生活を描いた作品。
二作目は理化学者・寺田寅彦をモデルにした寺田冬彦を主人公にした『フユヒコ』
悪妻と言われたりんを中心に昭和の良き家族模様を描いた作品。
三作目は夏目漱石の小説「坊っちゃん」に登場する教頭・赤シャツを主人公にした『赤シャツ』
赤シャツを作者・夏目漱石に重ね合わせ、「坊っちゃん」を赤シャツの視点から描いた作品。
これらの作品の登場人物にはモデルが存在し、それぞれの生活を描いた作品。
そして『MOTHER』は明治、『赤シャツ』は大正、『フユヒコ』は昭和と、
それぞれの時代の古き良き日本人の姿が描かれてきました。
四作目となる今回は、横浜の老舗ホテルを舞台に1970年から5年ごとに時代を追い、
7つの独立した短篇で描かれています。
出演は、マキノ作品にはかかせない横堀悦夫、大家仁志、津田真澄、椿真由美といったメンバーを中心に、
青年座のアンサンブルを創る演技陣でお届けします。

ヤクザに追われて
「かくまってください。怖い男に追われてるんです」
一九七〇年の初冬 横浜の、それは老舗というべきホテルの客室

人間観察
「じっくり観察して、その人のことを推理してごらん」
一九七五年の夏 横浜の、それは老舗というべきホテル喫茶室

脅迫
「コーチ、自分は知っとるんです」
一九八〇年の初秋 横浜の、それは老舗というべきホテル客室

初恋の人
「そりゃ、初恋の人だもん」
一九八五年の初夏 横浜の、それは老舗というべきホテルロビーラウンジ

離婚記念日
「ボクらの結婚記念日でもあるし」「同時に離婚記念日よね?」
一九九〇年の冬 横浜の、それは老舗というべきホテル客室

プロポーズ
「ちょっと本当にプロポーズしてみてよ」
一九九五年の夏 横浜の、それは老舗というべきホテルロビーラウンジ

ネックレス
「言っとくけど、仲良くなんかないわよ、あたしたち」
ある年の初夏 横浜の、それは老舗というべきホテルの客室
その他注意事項
スタッフ 美術=土岐研一
照明=中川隆一
音響=髙橋巖
衣裳=半田悦子
舞台監督=尾花真
製作=森正敏
    小笠原杏緒

[情報提供] 2013/03/02 19:18 by けけ

[最終更新] 2013/04/30 01:19 by けけ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

けけ

けけ(0)

制作

青年座では1994年『MOTHER』・1997年『フユ...

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大