演劇

脚本=エリアム・クライエム

負傷者16人

デザイン:細谷修三

0 お気に入りチラシにする

演劇

負傷者16人

脚本=エリアム・クライエム

かべにぶつかるたまごの会

あきゅらいず美養品 森の楽校(東京都)

2013/03/22 (金) ~ 2013/03/24 (日) 公演終了

上演時間:

199年冬、オランダはアムステルダム。
パン屋の主人ハンスは、ある晩フーリガンに襲われた青年を助ける。
青年の名前はマフムード。ガザから逃れてきたパレスチナ人だった。
ハンスはユダヤ系。初めは拒絶するマフムードだが、次第に友情を築いていく。
それぞれが過去や夢、あるいは諦めてきたものな...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/03/22 (金) ~ 2013/03/24 (日)
劇場 あきゅらいず美養品 森の楽校
出演 松原元洋、小塙健太、のあのえる、鎌田まりあ、四柳智惟
脚本 エリアム・クライエム
演出 荒ちひろ
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,800円
【発売日】2013/02/10
前売り1500円(学生1000円)
当日一律1800円
リピーター割500円
サイト

http://16wounded-kabetama.net

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月22日(金)14:30/19:30
3月23日(土)15:00/19:00 (17:00-ラウンドテーブルA)
3月24日(日)13:00/17:00 (15:00-ラウンドテーブルB)
説明 199年冬、オランダはアムステルダム。
パン屋の主人ハンスは、ある晩フーリガンに襲われた青年を助ける。
青年の名前はマフムード。ガザから逃れてきたパレスチナ人だった。
ハンスはユダヤ系。初めは拒絶するマフムードだが、次第に友情を築いていく。
それぞれが過去や夢、あるいは諦めてきたものなどを負いながら、
自分の、そして相手の、アイデンティティーや忠誠心の問題に葛藤する中、
彼らはつながり、しかし引き裂かれていく・・・。

2004年にニューヨーク、ブロードウェイにて上演され高い評価を受けた作品。
昨年春には新国立劇場で日本語版が上演され話題を呼んだ。
その他注意事項 23日(土)、24日(日)は、マチネとソワレの間にラウンドテーブルを開催予定
スタッフ 【演出】荒ちひろ
【舞台監督】飯嶋拓生
【舞台監督補佐】神吉万莉菜
【照明】中野優希
【音響】富田詩生
【音響補佐】増澤茜
【音響操作】羽塚冬馬
【舞台装置】加藤菜穂、荒ちひろ、鹿野恵、池田紗季
【小道具】島秀和
【衣装】清水絵理
【宣伝美術】細谷修三
【宣美補佐】内山真菜美
【広報】久我啓一郎
【制作】加藤綾音

企画=かべにぶつかるたまごの会
協力=あきゅらいず美養品

[情報提供] 2013/01/26 01:09 by あらぴん

[最終更新] 2013/03/23 11:21 by あらぴん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー10

Yuki

Yuki(0)

照明です。

さき

さき(0)

舞台美術&照明補佐です♪

こはなわ

こはなわ(0)

出演します!役者!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大