シアターX(カイ)

シアターX(カイ)(東京都)

2013/03/12 (火) ~ 2013/03/17 (日) 公演終了

上演時間:


日本近・現代秀作短編劇100本シリーズ
シアターΧ名作劇場は1994年秋から、小山内薫「息子」の上演を皮切りに、日本近・現代秀作短編劇100本の上演を目指すシリーズとしてスタート。一作家一作品(自由劇場以降の作品)を取り上げ、年2回の公演を行っています。2012年8月までに取り上げた作品...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/03/12 (火) ~ 2013/03/17 (日)
劇場 シアターX(カイ)
出演
脚本
演出 川和孝
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,000円
【発売日】
一般:1,000円
高校生:500円
(全席自由)
サイト

http://www.theaterx.jp/13/130312-130317p.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
日本近・現代秀作短編劇100本シリーズ
シアターΧ名作劇場は1994年秋から、小山内薫「息子」の上演を皮切りに、日本近・現代秀作短編劇100本の上演を目指すシリーズとしてスタート。一作家一作品(自由劇場以降の作品)を取り上げ、年2回の公演を行っています。2012年8月までに取り上げた作品は72本を数えます。


『巳之助の衝動』
濱村米蔵(1890年~1978年) 1925年作。
明治23年生れ。濱村家は代々札差で、五代目は駒形と浅草馬道に寄席・貸席を開き、のち竹町にも作った。大勢新聞の社会部長になり、観劇と執筆の生活のあと、昭和37年に秋田雨雀のあとを承けて舞台芸術学院長となり、『歌舞伎の見方』『六代目菊五郎』『歌舞伎は生きている』など 執筆。『巳之助の衝動』は大正14年5月号の演劇新潮に発表されている。

『天井裏の散歩者』
瀬戸英一(1892年~1934年) 1929年作。
明治25年生れ。記者や劇評家のあと、伊井蓉峰のために書いた処女作『報恩美談』で劇作家となり、大正9年の『人来鳥』以後、新派のために約90篇の作品を残している。昭和9年急性肺炎のため43歳の若さで死去。 『天井裏の散歩者』は昭和4年版の日本戯曲集に載っている。
その他注意事項
スタッフ 企画・演出 : 川和孝
美術 : 岡田道哉
照明 : 清水義幸
衣裳 : 鳥居照子
音響 : 福西理佳
舞台監督 : 島洋三郎
演出助手 : 佐藤大幸
写真 : 中川忠満

[情報提供] 2013/01/24 00:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/03/21 00:25 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大