オペラ

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2013/04/14 (日) ~ 2013/04/21 (日) 公演終了

上演時間:

万人に愛されるモーツァルト最晩年の最高傑作!
モーツァルトの死の年1791年に書かれ、初演以来今日まで世界中で愛される不朽の名作「魔笛」。美しい旋律がたくさん詰まった宝石箱のようなオペラで、子どもから大人まで楽しめる愛と冒険のファンタジーです。夜の女王のコロラトゥーラによる二つの超絶技巧アリ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/04/14 (日) ~ 2013/04/21 (日)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 松位浩、望月哲也、大沼徹、大野光彦、安井陽子、砂川涼子、安藤赴美子、加納悦子、渡辺敦子、鵜木絵里、萩原潤、加茂下稔、羽山晃生、長谷川顯、ほか
作曲 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
演出 ミヒャエル・ハンペ
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 21,000円
【発売日】
S席 21,000
A席 15,750
B席 10,500
C席 6,300
D席 3,150
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/20000613_opera.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 万人に愛されるモーツァルト最晩年の最高傑作!
モーツァルトの死の年1791年に書かれ、初演以来今日まで世界中で愛される不朽の名作「魔笛」。美しい旋律がたくさん詰まった宝石箱のようなオペラで、子どもから大人まで楽しめる愛と冒険のファンタジーです。夜の女王のコロラトゥーラによる二つの超絶技巧アリア、パパゲーノの「おいらは鳥刺し」やパパゲーナとの二重唱「パ・パ・パ」など聴きどころ満載。新国立劇場ならではの舞台機構を生かしたハンペ演出は、ダイナミックで幻想的なスペクタクルで大好評を博しています。2013年の春、はじめてのオペラに是非お勧めの公演です。

今、旬の日本人歌手が勢揃い
今回の公演は、オール日本人キャストにより上演。ドイツで活躍する名バス松位浩、天性の美声で聴衆を魅了し活躍の場を広げる望月哲也、11年4月「ばらの騎士」ゾフィー役の好演が記憶に新しい安井陽子、豊かな音楽性を誇り今や日本を代表するソプラノのひとり砂川涼子、ドイツ・オペラに定評のある萩原潤ら、今観たい聴きたい実力派日本人歌手陣を迎えました。指揮は、2011年10月「サロメ」の美しく濃厚な音楽で絶賛を博したオーストリアの名匠ラルフ・ヴァイケルトです。
その他注意事項
スタッフ 【指揮】ラルフ・ヴァイケルト
【演出】ミヒャエル・ハンペ
【美術・衣裳】ヘニング・フォン・ギールケ
【照明】高沢立生

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

[情報提供] 2013/01/03 23:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/13 22:11 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大