わらび座

THEATRE1010(東京都)

他劇場あり:

2013/05/07 (火) ~ 2013/05/12 (日) 公演終了

休演日:5/9

上演時間:

共に迷い、共に生きる  民衆とともに在り続けたブッダを壮大なスケールで描く手塚治虫原作の話題作。

手塚治虫の「ブッダ」は、仏教の祖・仏陀に独自の視点に交え、ブッダ自身が生きる意味を問い、歩き続けてゆく人間・ブッダの物語として描かれています。古代インドで民衆の中にもまれながら、わが身に問い...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/05/07 (火) ~ 2013/05/12 (日)
劇場 THEATRE1010
出演 戎本みろ、今井清隆、遠野あすか、三重野葵、石井一彰、ほか
作曲 甲斐正人
脚本 齋藤雅文
演出 栗山民也
料金(1枚あたり) 8,000円 ~ 8,000円
【発売日】2013/02/09
全席指定8000円
サイト

http://www.warabi.jp/buddha/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 共に迷い、共に生きる  民衆とともに在り続けたブッダを壮大なスケールで描く手塚治虫原作の話題作。

手塚治虫の「ブッダ」は、仏教の祖・仏陀に独自の視点に交え、ブッダ自身が生きる意味を問い、歩き続けてゆく人間・ブッダの物語として描かれています。古代インドで民衆の中にもまれながら、わが身に問いかけて生きてきた「ブッダ」の姿は2000年以上たった今も悩み苦しみながら現代を生きる私たちに、新鮮に時に素朴に疑問を投げかけてくれます。強力スタッフ・キャストが挑む、新たな「ブッダ」にご期待ください。

◆あらすじ
遥か古代のインド。シャカ族の国に、王子シッダールタは生まれた。
王子は「世の中はなぜこんなにも不幸せと争いに満ちているのだろう?」と悩んでいた。
「なぜ生きるってこんなにも苦しくて怖いのだろう?」王子は答えを見つけるために国を捨てた。修行の旅に出たのだ。
王子の旅は、大発見の連続だった。世の中は怖いけれど、生きるエネルギーにあふれていた。感動する出逢い!戦いと別れ!女盗賊のミゲーラ。国を滅ぼされ復習に生きるタッタ。母が奴隷だったことに苦しむルリ王子。
森の苦行者たち…。
そして答えを探す王子の前に、故郷シャカ族の滅亡が迫っていた…。

◆「わらび座」とは
民族芸能をベースに、多彩な表現で現代の心を描く劇団。1951年2月創立。民謡の宝庫と呼ばれる秋田県仙北市にホームベースを置き、現在、7つの公演 グループで年間約1,200回の公演を全国で行っています。海外公演は、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど16カ国で行なっています。
文化と観光を結合した本格的な複合文化エリア「たざわこ芸術村」では、ホテル、温泉、地ビールレストラン、森林工芸館などを併せもち、中核となるわらび劇場では東北の素材を生かしたオリジナル・ミュージカルの制作・上演を行い、その他にも民族舞踊・太鼓・演劇・健康体操など様々なワークショップも行っています。
教育と文化の接点で取り組まれてきた「わらび座への修学旅行」は35年の歴史を持ち、毎年150校2万人の子どもたちがたざわこ芸術村を訪れ、ソーラン節や農作業を体験します。
地域との共生で進めてきたこれらの活動に対して、1989年に秋田県芸術文化章、1994年に文部大臣による地域文化功労者表彰、1995年に地域づくり全国会議で国土庁長官賞、1996年に秋田県文化功労者表彰、2002年に河北文化賞、2007年に仙北市芸術文化章をそれぞれ受賞しました。
その他注意事項
スタッフ 原作:手塚治虫

[情報提供] 2012/12/28 01:08 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/14 20:43 by しのぶ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大