演劇

おぼんろ新作一人芝居

捨て犬の報酬

おぼんろ

レンタルスペース+カフェ 兎亭(東京都)

2013/01/12 (土) ~ 2013/01/14 (月) 公演終了

上演時間:

おぼんろ1800秒物語り劇場。

おぼんろ劇団員、
さひがしジュンペイ、わかばやしめぐみ、高橋倫平の三人が、
それぞれ別々に、
ひとつの短編を一人芝居として演じます。

戯曲は座付き作家、
末原拓馬による渾身の新作

『捨て犬の報酬』

1800秒に全身全霊詰め込んで、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/01/12 (土) ~ 2013/01/14 (月)
劇場 レンタルスペース+カフェ 兎亭
出演 わかばやしめぐみ、高橋倫平、さひがしジュンペイ
脚本 末原拓馬
演出 末原拓馬
料金(1枚あたり)
【発売日】
1500円 ワンドリンク付き
完全予約制
サイト

http://www.obonro2012-9.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月12日(土)  14:00
1月13日(日)  13:00
1月14日(月・祝)11:00
説明 おぼんろ1800秒物語り劇場。

おぼんろ劇団員、
さひがしジュンペイ、わかばやしめぐみ、高橋倫平の三人が、
それぞれ別々に、
ひとつの短編を一人芝居として演じます。

戯曲は座付き作家、
末原拓馬による渾身の新作

『捨て犬の報酬』

1800秒に全身全霊詰め込んで、
1秒1秒心を込めて紡ぎます。


■1月12日■
非公開だった本日の演者は、
なんと言っても長男、さひがしジュンペイ。

勝ち戦だったことは参加者の反応をみれば明らかなわけで、会場がすすり泣き、所により嗚咽、という天気に見舞われた。

頼もしい。

ずっと稽古をしてきたわけだけど、
とにかくさひがし版は申し分なくクオリティが高い。
演出プランにも隙がなく、
無駄なものを一切排除することに命を懸けている。

これまで長く一緒に戦っていて、
その美学はもちろん知っていたし、
学ばせてもらったこともあったけれど、

普段はもちろん、
語り部たちは同じ方向を観て走っているわけで、
お互いはあまり目に入りやしないわけで、

今回の企画は、
薄暗かった灯台下の素晴らしさに改めて気が付く、
良い機会であった。
馴れ合いの下手なおぼんろにとっては、貴重な経験である。


誇れる仲間がいるという幸福に、酔いしれたのだった。

この作品の持つ可能性についてもいろいろ思った。
これは、きっと、
長く永く、演劇のスタンダードになるだろう。

なんて思っていみたりして。

その他注意事項 1ステージ8名様限定となっているため、
チケットは完全予約制です。

参加希望の方は23日24時までに、
氏名(フリガナ)・希望日時・参加意気込みをご記入の上、
obonro_pr@yahoo.co.jpまでメールの送信をお願いいたします。
スタッフ

[情報提供] 2012/12/22 04:44 by シホ

[最終更新] 2013/01/16 11:17 by 末原拓馬

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

megumi

megumi(2)

役者・俳優

わたくしも、ひとり芝居なんて、初の!初の!お初でござい...

ジュンペイ

ジュンペイ(6)

役者・俳優

このイベントを聞いた時にはどう考えても個人的にスケジュ...

おぼんど

おぼんど(0)

役者・俳優 制作

末原拓馬の一人芝居というのは当たり前のようにおぼんろの...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大