演劇

台湾・日本 国際共同企画『川端康成三部作』

片腕

0 お気に入りチラシにする

演劇

台湾・日本 国際共同企画『川端康成三部作』

片腕

台湾・日本 国際共同企画『川端康成三部作』

森下スタジオ(東京都)

他劇場あり:

2012/12/26 (水) ~ 2012/12/28 (金) 公演終了

上演時間:

「片腕をひと晩お貸ししてもいいわ。」

ノーベル文学賞作家、川端康成の美しい言葉に彩られた小説、『片腕』。
男が女の片腕をひと晩借りることで一変する不思議な日常 - 1963年の出版以来、多くのファンを魅了するこの作品を、稀有なイマジネーションで注目を浴びる演出家・劇作家のノゾエ征爾が舞...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/12/26 (水) ~ 2012/12/28 (金)
劇場 森下スタジオ
出演 菊沢将憲、カトウシンスケ、山縣美礼
脚本
演出 ノゾエ征爾
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】2012/11/17
前売:2500円/ 当日:2800円/ 学生2200円(*要学生証提示)
サイト

http://kawabatatrilogy.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月26日(水) 20:00開演
12月27日(木) 15:00 / 20:00 開演
12月28日(金) 15:00 開演
説明 「片腕をひと晩お貸ししてもいいわ。」

ノーベル文学賞作家、川端康成の美しい言葉に彩られた小説、『片腕』。
男が女の片腕をひと晩借りることで一変する不思議な日常 - 1963年の出版以来、多くのファンを魅了するこの作品を、稀有なイマジネーションで注目を浴びる演出家・劇作家のノゾエ征爾が舞台化!

川端康成三部作とは:
台北と東京で活動するアーティスト3人が、文豪川端康成の短編三作を舞台化する国際共同企画。アーティストが日常を離れた環境の中で文化交流を経験し、両都市のパフォーマンスシーンと接点を図る。2012年4月に川端の同性愛の記憶を描いた『少年』(演出・劉亮延)がアジアン・カルチュラル・カウンシルの協力を得て上演され、好評を得た。第二弾『片腕』(演出・ノゾエ征爾)、第三弾『水晶幻想』(振付・山縣美礼)を台北・東京で順次上演し、『川端康成三部作本公演』を両都市で上演予定。
その他注意事項
スタッフ 原作:川端康成
脚色・演出:ノゾエ征爾

[情報提供] 2012/11/28 10:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/12/27 23:50 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大