演劇

劇団五期会 第65回公演

演劇

劇団五期会 第65回公演

浮標

劇団五期会

A&Hホール(大阪府)

2012/11/15 (木) ~ 2012/11/18 (日) 公演終了

上演時間:

1940年。夏の終わり。千葉市郊外の海岸。

洋画家久我五郎は、結核の妻美緒を介護しながら生活の為の絵を描いている。
画壇との確執。美緒の身内による財産問題などに苛立つ五郎ではあったが、周囲の貧しき人々に 支えられつましい生活を送っていた。しかし、貧困や自己の芸術への不信、何より美緒...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/11/15 (木) ~ 2012/11/18 (日)
劇場 A&Hホール
出演 井之上淳、八田麻住、小川悦子、森畑結美子、宇仁菅真、勝村愛、林和子、堀部由加里、清水康司、牛丸裕司、上嶋彩記子、内山絢貴、阪東浩考、上村厚文、辰巳飛揚、藤井達也
脚本 三好十郎
演出 尾崎麿基
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】
前売 3,000円 当日 3,500円

日時指定(要予約)・全席自由

サイト

http://www.gokikai.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月15日(木) 18:00
11月16日(金) 18:00
11月17日(土) 13:00/18:00
11月18日(日) 13:00
説明 1940年。夏の終わり。千葉市郊外の海岸。

洋画家久我五郎は、結核の妻美緒を介護しながら生活の為の絵を描いている。
画壇との確執。美緒の身内による財産問題などに苛立つ五郎ではあったが、周囲の貧しき人々に 支えられつましい生活を送っていた。しかし、貧困や自己の芸術への不信、何より美緒の病状の悪化に苦悩する五郎は、ある信条を抱いてゆく。

「生きることが一切だ。そいつだけがすばらしい。」

そんな中、戦地へと赴く親友を送り出したふたりにときは迫り・・・・・。



三好十郎と『浮標』

 三好十郎(1902~1958)

戦前戦後を通して数多くの作品を残した劇作家・詩人。'31処女戯曲集『炭塵』を出版、プロレタリア劇作家として評価される。しかし日本プロレタリア劇場同盟に不信を抱いて組織から離れ、'34『斬られの仙太』を発表。以後戦前までに『浮標』『をさの音』『獅子』、戦後は、無頼派の一人と言われ、『崖』『廃墟』『その人を知らず』『炎の人』等を発表。

『浮標』は結核を患った三好の妻の看病と死を題材に1940年に発表、同年新築地劇場で上演され三好の代表作となった。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/09/26 11:39 by バンドウ

[最終更新] 2014/01/24 17:23 by バンドウ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

ホリ部

ホリ部(1)

人間。 が、うごめいています。 生。 ...

ますみん

ますみん(0)

役者・俳優

生命かけて生きます。 まだ、私にはそのことがわかりま...

バンドウ

バンドウ(0)

「 浮標 」を知ったのは約10年前、劇団での本読みでで...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大