演劇

Space早稲田演劇フェスティバル2012

現代演劇の源流を探る「1960~70年代傑作戯曲を読む」

演劇

Space早稲田演劇フェスティバル2012

アングラ傑作戯曲を読む~「運動の演劇の原点を読む」

現代演劇の源流を探る「1960~70年代傑作戯曲を読む」

流山児★事務所

Space早稲田(東京都)

2012/09/20 (木) ~ 2012/09/23 (日) 公演終了

上演時間:

70年代アングラ御三家と呼ばれた唐十郎の状況劇場、鈴木忠志の早稲田小劇場、佐藤信・山元清多ら68/71黒色テント。運動の演劇=革命の演劇を掲げ、社会変革のための演劇を主張した。表現(演技、集団)の変革を重視した唐・鈴木らに対して黒色テントは、自由劇場・六月劇場が合体し政治的・社会的な変革を目...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/20 (木) ~ 2012/09/23 (日)
劇場 Space早稲田
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 5,000円
【発売日】
前売:1800円  当日:2000円  学生・U25割引(25歳以下):1500円
5本通し券:5000円(30枚限定販売)
※開場は開演の20分前。
※日時指定・全席自由。
サイト

http://www3.hp-ez.com/hp/ryuzanji/page1

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月20日(木):14時「あたしのビートルズ」
        19時「チャンバラ」
9月21日(金):14時「海賊」
        19時「浮世混浴☆鼠小僧次郎吉」
9月22日(土):13時「阿部定の犬」
        17時「浮世混浴☆鼠小僧次郎吉」
        20時「チャンバラ」
9月23日(日):13時「阿部定の犬」
        16時「あたしのビートルズ」
        19時「海賊」 (終演後:シンポジウム)
説明 70年代アングラ御三家と呼ばれた唐十郎の状況劇場、鈴木忠志の早稲田小劇場、佐藤信・山元清多ら68/71黒色テント。運動の演劇=革命の演劇を掲げ、社会変革のための演劇を主張した。表現(演技、集団)の変革を重視した唐・鈴木らに対して黒色テントは、自由劇場・六月劇場が合体し政治的・社会的な変革を目指す演劇運動=集団として結成。自由劇場は『イスメネ・地下鉄』(佐藤処女作)で旗揚げ、『あたしのビートルズ』『鼠小僧次郎吉』(1970年:第16回岸田戯曲賞受賞)などを上演。六月劇場は長田弘:作『魂のキックオフ』で旗揚げ。山元清多:作『海賊』(山元処女作)などを上演。黒色テントは『チャンバラ』、『喜劇昭和の世界』三部作などの代表作(佐藤信演出)を70年代に上演、革命幻想を様々な意匠で描いた佐藤信・山元清多らと黒テントは、唐十郎と紅テントとともに時代の寵児だった。夢見ながら覚醒を目指して進む運動の演劇=革命の演劇の≪原点≫を流山児祥と若手演出家達が「読み・語る」小劇場運動の過去・現在・未来を探る試み。


作:佐藤信   演出:御笠ノ忠次(案山子堂)『あたしのビートルズ』(1967年)
作:佐藤信   演出:小林七緒(流山児★事務所)『浮世混浴☆鼠小僧次郎吉』(1970年)
作:佐藤信   演出:西沢栄治(jam session)『阿部定の犬』(1975年)
作:山元清多  演出:佐野バビ市(東京ミルクホール)『海賊』(1969年)
作:山元清多  演出:流山児祥『チャンバラ~楽劇天保水滸伝~』(1972年)
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/08/24 10:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/09/18 13:16 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大