舞踊・バレエ

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2012/10/27 (土) ~ 2012/11/03 (土) 公演終了

休演日:10/29

上演時間:

2012/2013シーズンは、ビントレー舞踊芸術監督による全幕バレエ『シルヴィア』で開幕します。 恋愛を信じられなくなった若い恋人たちと、長い結婚生活でお互いへの情熱を失ってしまった夫婦が、時空を超えた冒険を通して再び愛を見つける…。オリジナルは19世紀のバレエ作品。『コッペリア』を作曲し、有...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/27 (土) ~ 2012/11/03 (土)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 小野絢子、福岡雄大、米沢唯、菅野英男、佐久間奈緒、ツァオ・チー、ほか
演出 デヴィッド・ピントレー
振付 デヴィッド・ピントレー
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 12,600円
【発売日】
S席 12,600円
A席 10,500円
B席 7,350円
C席 4,200円
D席 3,150円
サイト

http://nnttballet.info/2012sylvia/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10/27(土)14:00 開演
10/28(日)14:00 開演
10/31(水)19:00 開演
11/1(木)14:00 開演
11/2(金)19:00 開演
11/3(土・祝)14:00 開演
説明 2012/2013シーズンは、ビントレー舞踊芸術監督による全幕バレエ『シルヴィア』で開幕します。 恋愛を信じられなくなった若い恋人たちと、長い結婚生活でお互いへの情熱を失ってしまった夫婦が、時空を超えた冒険を通して再び愛を見つける…。オリジナルは19世紀のバレエ作品。『コッペリア』を作曲し、有名な「ピチカート」などの美しい旋律で知られるレオ・ドリーブが音楽を手掛けました。これまでにも多くの振付家が作品化を試みており、英国では1950年代にマーゴ・フォンテインがタイトルロールを踊ったアシュトン版が特に有名です。ビントレーは1993年、まだ芸術監督に就任する前の英国バーミンガム・ロイヤル・バレエに『シルヴィア』を新たに振り付けました。男勝りで恋など知らないシルヴィア役を創り上げたのは、当時同団に在籍していた吉田都でした。本公演では2009年の改訂版でシルヴィア役を踊った佐久間奈緒と、映画「小さな村の小さなダンサー」に出演したツァオ・チーをゲストに迎えます。
舞台装置・衣裳のスー・ブレイン、照明のマーク・ジョナサンなど、新国立劇場バレエ団の『アラジン』と同じスタッフにより、壮大な神話世界がオペラパレスに繰り広げられます。スタイリッシュなロマンティック・コメディーにどうぞご期待ください!
その他注意事項
スタッフ 音楽 :レオ・ドリーブ
Music : Leo Delibes美術 :スー・ブレイン
Designs : Sue Blane

照明 :マーク・ジョナサン
Lighting : Mark Jonathan

指揮 :ポール・マーフィー
Conductor : Paul Murphy

管弦楽 :東京フィルハーモニー交響楽団
Orchestra : Tokyo Philharmonic Orchestra

[情報提供] 2012/08/17 17:43 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/08/17 17:55 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大