演劇

文学座創立75周年記念

エゲリア

文学座

吉祥寺シアター(東京都)

2012/09/07 (金) ~ 2012/09/23 (日) 公演終了

上演時間:

明治から昭和へと移りゆく激動の時代に女流文学者として瑞々しい感性を歌や小説に残し、絢爛豪華な私生活で自らも「生命の小説」を紡ぎ続けた岡本かの子。夫は国民的漫画家・一平、息子は天才芸術家・太郎。芸術家同士ゆえの相剋、常識を超えた感性のぶつかり合いの中で互いを慈しみ、高め合って生き抜いた岡本家の人...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/07 (金) ~ 2012/09/23 (日)
劇場 吉祥寺シアター
出演 吉野実紗、増岡裕子、伊藤安那、大滝寛、鈴木弘秋、大場泰正、粟野史浩、佐川和正、柳橋朋典、南拓哉、駒井健介、後田真欧
脚本 瀬戸口郁
演出 西川信廣
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 5,500円
【発売日】2012/08/03
一般:5500円
一般夜割:4500円(9/7,10,11夜の部のみ)
夫婦割:9000円
ユース:3800円(25歳以下)
中・高校生:2500円
サイト

http://www.bungakuza.com/egeria/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 明治から昭和へと移りゆく激動の時代に女流文学者として瑞々しい感性を歌や小説に残し、絢爛豪華な私生活で自らも「生命の小説」を紡ぎ続けた岡本かの子。夫は国民的漫画家・一平、息子は天才芸術家・太郎。芸術家同士ゆえの相剋、常識を超えた感性のぶつかり合いの中で互いを慈しみ、高め合って生き抜いた岡本家の人間ドラマをエネルギッシュに描きます。
その他注意事項 9/12(水)14:00、18(火)19:00の各終演後にアフタートーク開催。
未就学児の入場はご遠慮ください。
車イスでご来場のお客様は、必ず観劇日前日までに購入席番を文学座までお知らせください。
スタッフ 美術:二村周作 照明:塚本悟 音楽:後藤浩明 音響効果:中嶋直勝 衣裳:中村洋一 アクション:渥美 博 舞台監督:黒木仁 演出補:五戸真理枝 制作:日下忠男 票券:松田みず穂 宣伝美術:太田克己 イラスト:徳永明美

[情報提供] 2012/07/11 17:02 by ねこ

[最終更新] 2012/11/04 23:29 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大