演劇

SPAC秋のシーズン2012

病は気から

SPAC・静岡県舞台芸術センター

静岡芸術劇場(静岡県)

2012/10/27 (土) ~ 2012/11/04 (日) 公演終了

上演時間:

ノゾエ征爾×SPAC×モリエール
岸田國士戯曲賞を受賞し、いま最も注目を集める
脚本家・演出家が描く傑作喜劇。

 寒く冷たい日には、まだ生きたいと思い、
 ポカポカ陽気の日には、このまま死んでもいいと思う。
 でもやっぱりまだ死にたくありません。
 お医者さま、もっと薬をくださ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/27 (土) ~ 2012/11/04 (日)
劇場 静岡芸術劇場
出演 阿部一徳、石井萠水、泉陽二、大高浩一、川上友里、榊原有美、本多麻紀、牧山祐大
脚本 原作:モリエール(「モリエール全集」臨川書店刊/秋山伸子訳より)
演出 潤色・演出:ノゾエ征爾
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2012/08/05
【一般】 4,000円

[早期購入割引] 3,500円(9/23(日)まで)
[ペアチケット](2枚)7,000円
[大学生・専門学校生] 2,000円 [高校生以下]1,000円 ※公演当日受付で学生証提示
[グループ割引] 3名様以上で1名様3,200円 ※学割対象者は人数に含まない
[ゆうゆう割引] 3,400円 ※満60歳以上が対象、公演当日、受付で身分証提示
[障害者手帳をお持ちの方] 2,800円 ※付き添い無料、電話・窓口販売のみ
[当日券] 公演当日の開演1時間前より、劇場受付にて販売
サイト

http://www.spac.or.jp/12_malade.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月27日(土)16:00
10月28日(日)15:00
11月 3日(土)16:00
11月 4日(日)15:00

<中高生鑑賞事業公演>
SPACでは静岡県の中高生のための公演を行っています。
一般のお客様もご観劇いただけます。
10月24日(水)11:00/14:30
10月26日(金)13:30
10月29日(月)13:30
10月31日(水)13:30
11月 1日(木)13:00
11月 2日(金)13:30
11月 5日(月)13:00
※10月24日(水)11:00、29日(月)、11月2日(金)は一般販売はございません。
※鑑賞事業公演の一般販売は電話・窓口のみでのお取り扱いになります。
(限定数販売/お問い合わせはSPACチケットセンターまで)
説明 ノゾエ征爾×SPAC×モリエール
岸田國士戯曲賞を受賞し、いま最も注目を集める
脚本家・演出家が描く傑作喜劇。

 寒く冷たい日には、まだ生きたいと思い、
 ポカポカ陽気の日には、このまま死んでもいいと思う。
 でもやっぱりまだ死にたくありません。
 お医者さま、もっと薬をください。
 私は重い病気です。

あらすじのようなもの
自分を病気と認めない病気の作家が、病気ではないのに病気と信じ込む男の喜劇を作りました。作家は自らこの主人公を演じ、その公演期間中に病気で亡くなりました。実話です。皮肉にも自分自身が一番喜劇な事になってしまったこの作家こそ、モリエール(フランス人)その人。天性の喜劇人・モリエール命がけの(というか死んじゃってるし)遺作喜劇『病は気から』。自分のことで精一杯なちょっとおかしな人々の、ぶざまで愛しい物語。笑って、この愛すべきモリエールを供養してあげてください。
(ノゾエール)

あらすじ
薬と浣腸で自分はやっと生きていると思い込む男は、ついには娘を医者と結婚させようとする。けれども彼女にはすでに恋人が。周囲の人々は、あの手この手で男の目を覚まさせようとするが――。
その他注意事項 ◎10/27(土)、10/28(日)の終演後にノゾエ征爾、宮城聰、ゲストによるアーティスト・トークを行います。
<ゲスト>
10/27(土):しりあがり寿(漫画家)
10/28(日):決定次第SPAC公式サイトで発表

◎終演後に、お客様が出演者と交流できる「カフェ・シンデレラで逢いましょう!」を開催します。
スタッフ

[情報提供] 2012/07/10 00:49 by 形状不明

[最終更新] 2012/11/04 19:00 by junjun

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大