演劇

新国立劇場

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2012/10/29 (月) ~ 2012/11/18 (日) 公演終了

上演時間:

宮田慶子が芸術監督就任以来、企画、上演し続けている「JAPAN MEETS・・・ ─現代劇の系譜をひもとく─」シリーズの第7作目として取り上げるのは、アーサー・ミラーによる『るつぼ』。1953年に初演された本作は、17世紀末に実際に起きたセイラムの魔女裁判に取材しながら、1950年代当時のアメ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/29 (月) ~ 2012/11/18 (日)
劇場 新国立劇場 小劇場 THE PIT
出演 池内博之、鈴木杏、田中利花、関時男、木村靖司、檀臣幸、浅野雅博、松熊つる松、栗田桃子、佐川和正、亀田佳明、深谷美歩、武田桂、日沼さくら、チョウ・ヨンホ、梨里杏、奥泉まきは、磯部勉、戸井田稔、佐々木愛
脚本 アーサー・ミラー
演出 宮田慶子
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 5,250円
【発売日】2012/09/02
A席 5,250
B席 3,150
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/play/20000618_play.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 宮田慶子が芸術監督就任以来、企画、上演し続けている「JAPAN MEETS・・・ ─現代劇の系譜をひもとく─」シリーズの第7作目として取り上げるのは、アーサー・ミラーによる『るつぼ』。1953年に初演された本作は、17世紀末に実際に起きたセイラムの魔女裁判に取材しながら、1950年代当時のアメリカの赤狩りやマッカーシズムを痛烈に批判し、社会現象ともなった問題作です。また2001年の9・11同時多発テロ以降のアメリカ国内の動きを批判して再演され、本国アメリカでは大きな話題となりました。
社会における弱者と強者、群集心理によるパニック状態、そして一人の男がたった一人の少女に翻弄されていく姿を描き、トニー賞も受賞しました。宮田慶子自らが演劇研修所の試演会でも取り上げた作品を、『わが町』でもタッグを組み大きな評価を得た水谷八也が新たに翻訳、さらに深淵まで踏み込んで、再び挑みます。
その他注意事項 演劇「るつぼ」出演者変更について
http://www.nntt.jac.go.jp/release/updata/30000263.html
新国立劇場2012/2013シーズン演劇公演「るつぼ」出演者変更に関して、下記のとおりお知らせいたします。
新国立劇場2012/2013シーズン演劇公演「るつぼ」(10月29日初日)に出演を予定しておりました瀬下和久は、健康上の理由により、出演できなくなりました。
代わって、戸井田稔が出演いたします。なお、この変更に伴う払い戻しはございません。
スタッフ 翻訳:水谷八也
演出:宮田慶子
    

[情報提供] 2012/07/01 04:35 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/01/07 23:41 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大