たけしの挑戦状【ご来場ありがとうございました!!】 公演情報 たけしの挑戦状【ご来場ありがとうございました!!】」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.8
1-19件 / 19件中
  • 満足度★★★★★

    笑わせていただきました。
    劇団東京ミルクホール、1年ぶりの本公演。
    さらに新劇団員、新研究生が加入されたということで
    期待度もさらにアップアップ☆
    今回はミルホがうまれた中目黒ウッディシアターでの
    公演ということでとても楽しみにしていました。

    初日を観劇した感想は・・・「くだらないけれど笑える!」です。
    1年ぶりの本公演も相変わらず全力でアホをしています(笑)
    大のオトコ8人が全力でステージを暴れ回る姿は
    暑苦しいですが(笑)それでもやっぱりおもしろいんです☆
    今回、1回きりの観劇予定でしたが、「もう1回観たい!」という
    気持ちが強くなり、最終的に3回観劇しました。
    そして観るたびに新しい発見がありました。
    初見でも楽しめますし、リピーターもさらに楽しめるかと思います♪

    お芝居だけではなく、ダンスや日舞、殺陣や歌まで盛りだくさんです。
    身構えず、ラクな気持ちで観劇出来るのはミルホの魅力☆
    これからも応援しています。

  • 満足度★★★★★

    最終日!
    観て来ました!!
    ダンスのキレと日舞とネタが入り混じって「エンタメ系」とくくっていいか迷います。
    良かった。

  • 満足度★★★★★

    笑いたいときに選んで間違いない。
    だいぶ混み合っていましたが、二時間ちょっとが短く感じました。
    笑いに関しては細かく練り込まれている感じ。ずっと追いかけている劇団ですが今回も外れなし。ただパロディ系が多かったので知っていたらもっと楽しめたのかも。

    ネタバレBOX

    転換の時のバタバタする感じがいただけませんでしたが、それを含めてコメディなのかと思いました。
  • 満足度★★★★★

    いい意味で雑!
    やっぱり!とおもうくらい大味な感じです。
    ただ、細かいところを抜きにしてコメディとしては完成されています。
    非常に濃密な二時間を楽しませていただきました。

  • 満足度★★★★★

    佐野さん☆☆☆
    佐野さんの美空ひばりがとてもきれいでしたね☆

    ネタバレBOX

    パロディは半分くらいわかりませんでした。でも雰囲気で楽しめるからいいです。ゴッドファーザーの3は観ようと思います。
  • 満足度★★★★★

    新人さんが良かった。
    何回も観ている劇団ですが、新人さんと研究生?アフロの人がことのほか良かったです。東京よりも大阪で受けるのではないかと思います。斬新だけど内容はベタだし笑。とにかく見逃したのだったら東京のひとは大阪に遠征するのも手だと思う

  • 満足度★★★★★

    今回もよかった!!
    とにかく笑いっぱなしであまり考えないでいいところがいい劇団。
    楽しかった。

  • 満足度★★★★★

    テンション上がった!
    初日と千秋楽を観ました
    この劇団は毎回、芝居とダンスと笑いと日舞を盛り込む。それに加え今回は場面と登場人物の多さに驚く。
    初日はバタバタしていたが テンポが上がり観やすくなった。ストーリーが一番盛り上がる場面でのダンスシーンは観客も一緒にテンション上がって体感する会場一体型舞台。この劇団の一番いい特徴だと思う。
    とにかく楽しかった!

  • 満足度★★★

    コメディなんだからこれでいいっちゃ、いい。
    テレビ、マンガのパロディ、芸能人のモノマネネタなど、個々のギャグはとても笑えるものがあったりして面白かった。

    ただ、私のような真面目な?(笑)演劇ファンとしては、全体のストーリー構成はこれでいいのか、そこが緩いのが気になった。

    ま、コメディーなんだから、これでいいっちゃ、いいんだけど。

    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    「カルチャーセンター」の案内所から「タイムスリップ」を選び、南方の島へ行って国王になり、いろいろ物語が進む。で、そのまま芝居は終わるのだが、私の好みでいえば、いくらコメディといえども、ラストは「カルチャーセンター」の案内所に戻って(あるいは現代に戻って)ほしかった。


    この公演のチラシによれば、昨年は「大幅赤字決算」で、「生活ができない。」とのこと。

    前衛劇や堅い哲学的演劇をやっていて赤字なら、やってる当人も納得だろうが、こちらの劇団のように、サービス精神いっぱいのコメディーをやっていて赤字では、かなり辛いものがあるだろうと、心中お察しする。

    本来、この東京ミルクホールのようなタイプの芝居は、ギャラをもらってやる演劇であろう(演劇というより演芸に近いものなのだから)。そうなるためにはプロモーションも含めた戦略が必要だと思う。

  • 満足度★★★★★

    満席だった
    ブログ等で空席が目立つ、と書いてあったので空いてると安心していたら一転満席でした。それだけ見たい人がいるんだと思ってましたらその通りでした。
    千秋楽も観に行きたい。

    ネタバレBOX

    客いじりを避けたいと最前列ではないところに陣取りましたが、2列目でした。
  • 満足度★★★★★

    一体感
    客席との一体感は非常によかった。何も考えずに見れるっていうのは本当にいい。

  • 満足度★★★★★

    くだらなすぎて、むしろ痛快!
    相変わらずのくだらなさが痛快だった!

  • 満足度★★★★

    エンタメ
     しょっぱなTVネタの楽屋落ちが多くて閉口したが、寸劇の中に、まずまずのものがあって、集中力を繋いでゆくことができた。中盤、伝統的なものを演る基礎力もあると感じてからは、面白く見ることができた。エンターテインメントとしてある程度成功しているのは、ストーリーテリングな展開をきちっと追いかけるより、弾けて歌や踊りに持ってゆくタイプのエンターテインメントだからだろう、ドライで楽しめる。

  • 満足度★★★★★

    成長してます!!
    いろんな劇団の芝居を観に行ってます。
    同じ公演を何度も観ると芝居の変化を感じます。

    東京ミルクホールも千秋楽に向けてどんどん変化してます!
    成長してます!!

    その変化を楽しみながら、15日以降も観る予定です。
    今回も何度も観たくなる公演です!!

    ほんとオススメだよ!!

  • 満足度★★★★★

    伝わりました!
    チラシに込められたであろう思い、悩みながらも挑戦するんだ、というようなものが伝わってきました!

    たくさん笑いが散りばめられていて飽きなかったです!

  • 満足度★★★★

    う~ん、こういうのは
    ハマれる人とハマれない人がいる。私は後者だったな~。特に客いじり。二度はやりすぎじゃないかな、あまり面白くも無かったし。こうした劇×演芸+ダンスのような多彩な舞台はやはりそれぞれがかなり高度なレベルじゃないと飽きてくる。熱気だけでは持ちきれないような気がしましたが・・・・。ゴッドファーザーのパロディが効いていて面白かったですが、あれは若い人たちも笑えるのかな?

  • 満足度★★★★★

    別にどこかの劇団の贔屓というのはあまりないつもりなんだけど・・
    東京ミルクホールの舞台は、本当にいつも自分好みで、引き込まれる。

    今回も、本公演一年ぶりというのもあってか、
    役者の目を見ても、
    どのシーンも本当に本気。

    時に刺すような目をしたかと思えば、
    次の瞬間には
    本当に泥臭い(褒めてます(笑
    目をしてシメる!

    カッコつけて一つのシークエンスをまとめることもできるはずなのに、
    あえてそれをしないで、
    大昔のコロコロコミックの少年漫画でも見るかのように(笑
    泥んこの少年みたいな顔つきで
    決めのポーズを決めたりする。

    このギャップに凄くしびれるし、とても気に入っている。

    題材が入り混じって、凄くカオスなのに、
    役者の顔つきが、全くブレない。

    画面構成がどうのとか言うつもりは全くないのだけど、
    正直、現在の東京の劇団で最も洗練された
    (題材は役者が自分と同じ30代が多いせいか少し古いかもしれないけど(苦笑
    劇団は、東京ミルクホールなんじゃないかな、と思う。

    20代の劇団やダンサーの多くは、
    趣味(音楽などの題材とか)は現代的かもしれないが、
    場面と場面の結びで
    ここほど緩急がついていない
    (まるでなだらかな山のようだったりする

    これほどカオスで、時に泥臭いようにみえて、
    実は洗練された語り口の、
    人を食った舞台、というのは、
    本来、自分が大阪でもっとも観たい種類の作品だったりする(笑

    ただ、気のせいか大阪の人たちは、
    東京の人ほどは確信が無いせいか
    (本当は東京でもてはやされている作品も、そこまで常軌を逸したものはなく、
    本当に常軌を逸した作品のほとんどは外国人が東京に持ち込むもののように思われる
    ここまでの語り口の緩急は無いように思う
    (そこが、題材は本当に(←ここは強調したい(笑)素晴らしくても、
    一本調子な作品が関西に多い理由のように思う(汗

    そういう意味では、
    別にこの作品が大阪公演をするからという言うだけではないけれど、
    関西(特に大阪
    に最も必要なもの(ストーリーテリングの上手さと多少の下世話さ(笑
    を持っているのは、
    やっぱり若手の劇団じゃなくって、
    東京ミルクホールなんじゃないかな、と思うんだけど。

    インディペンデントとウッディシアターは、
    会場の大きさも似てるから、
    たぶん大阪で観ても違和感はあんまりないと思う
    (会場の大きさが全く違うと、結構違和感があったりする。関西で大きくて東京で小さい場合、小さい劇場で見ると印象がだいぶ変わる。今回は、東京を大阪に合わせたのか、キャパが同じ位(たぶん)なので、逆に大阪で観ても違和感が無いと思う

    本当の「洗練」と言うのは、
    見かけや雰囲気のことを言うのではなく、
    この作品のような語り口をこそ言うのであって、
    東京も含めた多くの地域の劇団に見習ってほしい要素なんじゃないかな、
    と、自分は思うのだけど・・(笑

  • 満足度★★★★★

    見逃すな!
    大変面白かったデスワヨ!
    急流に呑まれるかのようにどんどん場面が展開していきながらも
    しっかり楽しめました!
    本公演というだけあり、気合いが端々に見られ、
    見ていて気持ちがよかったです。
    あっという間の一時をありがとうございました!
    焼津と大阪公演の成功をお祈りしています。

  • 満足度★★★★★

    す、すごい…
    初でしたがめちゃめちゃはまった。
    客とも一体になる感じで中毒性を感じた。

このページのQRコードです。

拡大