新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2012/10/02 (火) ~ 2012/10/14 (日) 公演終了

休演日:10/3,4,6,7,9,10,12,13

上演時間:

荒涼とした海と胸に迫る人間ドラマ。20世紀イギリス・オペラの傑作がついに登場。

20世紀の偉大なオペラ作曲家の一人に数えられ、2013年には生誕100周年を迎えるベンジャミン・ブリテンの『ピーター・グライムズ』で尾高芸術監督による第3シーズンは幕を開けます。英国人作曲家の中でブリテンは圧...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/02 (火) ~ 2012/10/14 (日)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 スチュアート・スケルトン、スーザン・グリットン、ピーター・シドム、キャサリン・ウィン=ロジャース、鵜木絵里、平井香織、高橋淳、久保和範、加納悦子、望月哲也、吉川健一、大澤建、ほか
作曲 ベンジャミン・ブリテン
演出 ウィリー・デッカー
料金(1枚あたり) 5,250円 ~ 26,250円
【発売日】
S席 26,250
A席 21,000
B席 14,700
C席 8,400
D席 5,250
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/20000608_opera.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 荒涼とした海と胸に迫る人間ドラマ。20世紀イギリス・オペラの傑作がついに登場。

20世紀の偉大なオペラ作曲家の一人に数えられ、2013年には生誕100周年を迎えるベンジャミン・ブリテンの『ピーター・グライムズ』で尾高芸術監督による第3シーズンは幕を開けます。英国人作曲家の中でブリテンは圧倒的にドラマ重視の特徴を持っています。彼が書き残したオペラの中で2作目となる『ピーター・グライムズ』は、彼の代表作であると同時に、日本人に理解しやすい作品です。漁村を舞台とした閉塞的な社会に生きる主人公たちの過酷な運命。この物語について尾高芸術監督は、悪役ととらえられがちなピーター・グライムズを、悪役ではなく彼を取り巻く村民の在り方が問題なのだと語っています。イングランド東部サフォーク州のオールドバラで、パートナーとして半生をともに過ごしたテノール歌手ピーター・ピアーズとの同性愛のために、周囲から冷たい目で見られていた作曲家自身の境遇と重ね合わせて考えることができるからです。
新国立劇場オペラ初のイギリス・オペラで注目のタイトルロール役を演ずるのは、ヘルデン・テノールとして世界で活躍するスケルトン。主人公の唯一の理解者であるエレン役には本役をレパートリーとして活躍するイギリス人ソプラノのグリットン。そして国内外の実力派歌手たちがアンサンブルを固めます。さらにポイントとなるのが、新国立劇場では08年『軍人たち』公演で大きな話題となったデッカーの演出で、ベルギー王立モネ劇場から舞台装置・衣裳・小道具をレンタルし上演します。数ある演出の中でも、1994年に初演されたこの演出が、最も作品の深いところを伝えていると尾高芸術監督が高く評価したプロダクションです。2004年3月にはモネ劇場の音楽監督を務めていた大野和士が指揮して好評を博しており、同年7月には英国ロイヤルオペラで上演され、翌年のローレンス・オリヴィエ賞の新作オペラ部門にノミネートされた秀作です。


ものがたり

1830年頃、イギリス東部の北海に面した漁村。集会所で漁師ピーター・グライムズの裁判が行われている。見習いの少年を連れて出た漁で、大漁を当てたが嵐に遭い少年を死なせてしまった罪に問われていた。ピーターは、偶然の事故であると無実を主張するが、普段から気性が激しく付き合い下手なピーターに対して、村人たちは疑惑の念を持っている。判定は事故死となるが、徒弟を受入れることを禁じられる。村の女教師で未亡人のエレンや、退役船長バルストロードがピーターを慰める。この事件以来、ピーターは村人たちから疎外されていたため、一人きりで漁もままならない状態となった。見かねたエレンは、孤児院からピーターの徒弟として少年を一人連れてくると、村のパブ“ボーア亭”でピーターに受け渡す。ある日曜日、エレンはピーターの徒弟となった少年の衣服や体を見て不審に思いピーターに問いただすが、彼は安息日にもかかわらず少年を連れて海に出ようとする。ピーターはエレンとの結婚を夢見ていたため、できる限り金を稼ごうとしていた。エレンや村人達の反対を押し切ったピーターは、家の裏手から崖づたいに海岸へ降りるよう少年に命じるが、少年はあやまって墜落死する。数日後、村人の間で、行方不明のままの少年もまたピーターに殺されたのではないかと噂が広がる。再び捜査が始まる。疲れ果てたピーターが現れる。バルストロードは、海の男らしく船と運命を共にせよと諭す。エレンは止めるが、ピーターは船を出す。翌朝、沈没船の知らせが村に届くが、これに関心を示す者はなく、何事もなかったかのように一日が始まる。
その他注意事項
スタッフ 【指揮】リチャード・アームストロング
【演出】ウィリー・デッカー
【美術・衣裳】ジョン・マクファーレン

[情報提供] 2012/06/21 05:30 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/10/03 12:44 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大