あの大鴉、さえも 公演情報 あの大鴉、さえも」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.2
1-5件 / 5件中
  • 満足度★★★

    時間が経つにつれて…
    思出横丁さんの公演を観たのは、これが初めてでした。
    作品自体はとても面白いのですが、役者さんたちの台詞や表情が棒読み、そして強張っているように思いました。でもそれは、本番が始まってからだんだんと良くなり、途中から舞台の流れがスムーズに流れていった気がします。なので、それを最初から出していただけたら嬉しかったです。
    千秋楽だからでしょうか。最後は舞台上が大変なことになってましたねwww水が使える小屋で良かったですねwwあの思いっきりでハチャメチャなテンション、好きです♪

  • 満足度★★★

    正統的不条理演劇
    3人の役者さんが熱演で、面白く観ることができました。

    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    観ていて一番、強く感じたこと、それは
    「あの頃の小劇場前衛演劇って、結局『ゴドーを待ちながら』等の影響下から抜けだせなかったんだよね」
    ということだった。

    いや、それが悪い、というわけではなく、それが「通らなくてはならなかった途」なのだと思う。

    ただ、この作品を現代において上演するなら、もっと脚色しちゃってもよかったのではないか、と感じた。

    ストーリーやセリフをかえる、というより、登場人物のありようを脚色しちゃってもよかったかも。

    戯曲の古さが、そのまま舞台に出てしまった感じか、ちょっとしました。
  • 満足度★★★

    不条理
     竹内 銃一郎の不条理劇だが、作品の読み込みが浅いと感じた。なぜ竹内は、このような作品を書き、自分達は、なぜ今この作品を此処で上演するのか、といった自問が浅いと感じたのである。内容的には、「ゴドーを待ちながら」やカフカの「城」を想起させるのだが、ゴドーでは中心人物は2人、この作品では3人、一方、城では基本的に1人である。この差の意味や、その差によって本質的に変わる部分があるのか無いのか、といったようなことも考えた上で演じて欲しかった。熱演は評価するが、不条理な状態に置かれた人間は、おそらく必死に考える。そのことに意味があるか無いか、無いとすれば人間としての意味さえもないのでは無いか? との痛烈な問いこそが、不条理性の正体ではないのか? 年齢が若いとはいえ、このような作品に挑むのであれば、もう少し必死に考えて欲しいのだ。
     さらに、細部の演技にも拘って欲しい。荒く感じた。

  • 満足度★★★★

    面白かった!
    現代日本云々とは思いませんでしたが、素直に面白かったです。

    ネタバレBOX

    冬の午後、山田さんの家に大ガラスを運ぼうとする三人の話。

    山田種子は子役だった三条はるみで、大人になってからはAV女優の三条るみということで、ココらへんのごちゃごちゃさ、三つ巴の貸し借りの面白さ、見えないガラスに対して冬なのに冷やし中華の現物を撒き散らしたり、勝手口はあるものの玄関がなかったり、あっけないことで割れるなどの不条理さを楽しむことができました。三条とは後藤の半分なのでしょうか。

    割れる前の大ガラスの長さは一定のはずなので、役者間の距離は極力一定を保つようにしてほしいと思いました。寒いと言いながら汗をかいているのも少し気にはなりました。

    そして、30年も前の作品で今更ですが、大鴉は鼻濁音、大ガラスは濁音で、ダジャレとしては完璧ではないということだけは作家さんに言っておきたいと思います。
  • 満足度★★★

    橋本ゆりか
    確かに会話や言葉遊びは面白かった。
    ただ、舞台はきれいに使って欲しいし、あの臭いが充満すると厳しいなぁ。
    初日でしたので、緊張感は伝わってきました。
    まだまだ良くなると思います。

このページのQRコードです。

拡大