ミュージカル

騒音歌舞伎(ロックミュージカル)

ボクの四谷怪談

SIS Company

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

他劇場あり:

2012/09/17 (月) ~ 2012/10/14 (日) 公演終了

休演日:9/20,27 10/4,11

上演時間:

-絃(いと)の調べは七五調 鼓(ドラム)の響きは八拍子(エイトビート)-

本作は、作家・随筆家として多くの名作を輩出しながら、古典文学の現代訳や二次創作にも意欲的な文壇の鬼才・橋本治が学生時代に書き下ろした幻の戯曲です。
ダイナミック且つ繊細な手法で抽出した現代性と鶴屋南北へのオマージ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/17 (月) ~ 2012/10/14 (日)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 佐藤隆太、小出恵介、勝地涼、栗山千明、三浦涼介、谷村美月、尾上松也、麻実れい、勝村政信、瑳川哲朗、青山達三、梅沢昌代、市川夏江、大石継太、明星真由美、峯村リエ、新谷真弓、清家栄一、塚本幸男、新川將人、佐野あい、隼太、松田慎也、周本絵梨香、内田健司
作曲 鈴木慶一
脚本 橋本治
演出 蜷川幸雄
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 9,500円
【発売日】2012/07/21
S¥9,500 A¥7,500 コクーンシート¥5,000(税込)
※コクーンシートはご覧になりにくいお席です。ご了承の上ご購入下さい。
サイト

http://www.siscompany.com/yotsuya/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 -絃(いと)の調べは七五調 鼓(ドラム)の響きは八拍子(エイトビート)-

本作は、作家・随筆家として多くの名作を輩出しながら、古典文学の現代訳や二次創作にも意欲的な文壇の鬼才・橋本治が学生時代に書き下ろした幻の戯曲です。
ダイナミック且つ繊細な手法で抽出した現代性と鶴屋南北へのオマージュが見事に昇華し、また多種多様な音楽が効果的に挿入されている、橋本氏の<四谷怪談>そしてミュージカル>への情熱が迸る超大作です。
40 年のあいだ、活字にもされず、しずかに眠り続けていたこの貴重な戯曲を上演すること自体、多くの演劇愛好家にとっては尽きせぬ興味を抱かれるに違いありません。

演出は今もなお演劇界を牽引し続けるシアターコクーン芸術監督・蜷川幸雄、音楽はロックの黄金時代といわれる1970 年代に本格的な音楽活動を開始した鈴木慶一が手掛けます。

強力なスタッフ陣と刺激的で魅力溢れるキャスト陣が集結し、登場人物のねじれた青春が疾走するこの破天荒な物語にどう挑むのか、期待が高まります!
その他注意事項
スタッフ 脚本・作詞:橋本治
演出:蜷川幸雄
音楽:鈴木慶一

[情報提供] 2012/06/14 16:08 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/12/29 14:46 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大