演劇

劇団室生春カンパニー 風の森 結成30周年記念公演VOL.1

演劇

劇団室生春カンパニー 風の森 結成30周年記念公演VOL.1

果てしの花園 【ROSE】 【JASMINE】

室生春カンパニー 劇団 風の森

荻窪小劇場(東京都)

2012/06/21 (木) ~ 2012/07/01 (日) 公演終了

休演日:6月25日26日

上演時間:

■ご挨拶■

早いもので今年、細々ながらも我が劇団は結成30周年を迎えるに至りました。
この記念すべき年の最初の本公演を如何にしようか、いろいろ頭を悩ませ巡らせまして、結局、原点を顧みる小劇場でのオリジナル『ROSE』と『JASMINE』の上演に相成りました。2作とも、15年以上も昔のお...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/06/21 (木) ~ 2012/07/01 (日)
劇場 荻窪小劇場
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】2012/06/01
前売り 2,500円/当日 3,000円
ROSE&JASMINE割引 4,000円
サイト

http://www7a.biglobe.ne.jp/~murou-shun-company/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ■ご挨拶■

早いもので今年、細々ながらも我が劇団は結成30周年を迎えるに至りました。
この記念すべき年の最初の本公演を如何にしようか、いろいろ頭を悩ませ巡らせまして、結局、原点を顧みる小劇場でのオリジナル『ROSE』と『JASMINE』の上演に相成りました。2作とも、15年以上も昔のお芝居で、第4、5世代の現劇団員にしてみれば、異様な歴史劇へのチャレンジということになるのでしょう。

『ROSE』は、時を経ていつのまにか『林檎上の円窓』に姿を変え、これまで5度程の再演を繰り返していますが、『ROSE』自体を取り上げるのは、正に20年ぶりとなるわけです。ただただ、状況だけを慮り、テーマも構成も無視した駄作をそのまま舞台化するのは、違った意味で悲劇というもので、香りだけをそのままに残し、手直しした次第です。

一方、『JASMINE』も手がつけられない程の暴走状態で、単純な物語にも拘わらず、台詞だけが古の詩人たちに真っ向から挑むが如くの気負いぶり。何ともアンバランスな台本ですが、そこに恐れ知らずの「若さ」と「無謀さ」が忘れかけていた輝きを放っているようで、登場人物を整理するに留めました。


そんな訳で、今更ながら愛着が湧いてきたこの2作、果たして、昭和の哀愁をプンプンさせた、どろどろチックでメルヘンチックな泣き笑いの歌と踊りのミュージカル小劇場と見事、相成りますやら。

また、ドタバタ・バタバタついでに、専攻研修生と研究生の合同試演、シェイクスピア劇『ジュリアス・シーザー』も上演致します。ドキドキ・ハラハラの常軌を逸した初夏本公演でございます。
3週間に亘る小劇場公演、どうぞお楽しみに。


室生 春
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/06/02 18:58 by まつもと

[最終更新] 2013/11/09 16:19 by まつもと

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大