舞踊・バレエ

Whenever Wherever Festival 2012

Part 1|Festival[公演・イベント]

Body Arts Laboratory

森下スタジオ(東京都)

2012/05/15 (火) ~ 2012/06/06 (水) 公演終了

上演時間:

アーティストが主導するダンス・オーガニゼーションの提案としてはじまったボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL)。いわば、その運動体としての形態(プラットフォーム)を試行するかたちで毎年行なってきたフェスティバル、Whenever Wherever Festival(WWFes、ウェン・ウェア・フ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/05/15 (火) ~ 2012/06/06 (水)
劇場 森下スタジオ
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 0円 ~ 1,500円
【発売日】
サイト

http://bodyartslabo.com/wwfes2012/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 アーティストが主導するダンス・オーガニゼーションの提案としてはじまったボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL)。いわば、その運動体としての形態(プラットフォーム)を試行するかたちで毎年行なってきたフェスティバル、Whenever Wherever Festival(WWFes、ウェン・ウェア・フェス)が4年目を迎えました。
WWFesは舞台表現に限定されない身体芸術をめぐる環境(インフラストラクチャー)にはたらきかけ、対話の場を開き、その深化を目ざして、創発的なコミュニティのあり方を描く実験を重ねてきました。そのなかで、アーティストや研究者ら多くの実践者との協働が実現しました。

そうした歩みを踏まえて、WWFes 2012は、公演・イベントを中心とするPart 1(5月-6月)*と、クラス・ワークショップ(エデュケーション[教育]・プログラム)が中心のPart 2(7月-8月)の二期に分けて開催します。

Part 1では、アーティストによるオーガナイズに共振する、海外からの3アーティストの日本でのリサーチ活動をWWFesに接続し、紹介する初めてのプログラムを実施します。そのほか、BALの提案から発するラウンドテーブル、そして、エクスチェンジ/コミュニケーション・プログラムを特徴とするパフォーマンスなど、計12のイベントを行ないます。

Part 2のエデュケーション・プログラムは、オハッド・フィショフ(バトシェバ舞踊団)ほか多彩な講師を迎えて開講します。エデュケーションにおいても、WWFesは、アーティストが自らの活動やその技法について省察する土壌を育み、創作に伴うコミュニケーションをサポートすることを指針とします。

* Part 1は、一部エデュケーション・プログラムあり。
その他注意事項
スタッフ プログラム・ディレクター:山崎広太
プログラム・コーディネーター:佐藤美紀
プログラム・コーディネーター/エディター/宣伝美術:印牧雅子
インターナショナルプログラム・コーディネーター:西村未奈、生島翔
インターナショナルプログラム・アシスタント:三石祐子
イベント・マネージャー:川田夏実
運営アシスタント:櫻井ことの、齊藤コン、下田伊吹、榑松朝子、岡本拓、畑まりあ
事務局補佐:佐々木智子(エディトリアル・スタッフ)、北條知子
記録撮影:橋本玲美、津久井健太、伊藤陸、水島英樹、矢澤美希、藤佳子

宣伝美術協力:中山雄一朗

[情報提供] 2012/05/27 07:28 by 土反

[最終更新] 2012/06/08 00:38 by 土反

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大