Diamond Ray【ご来場ありがとうございました!】 公演情報 Diamond Ray【ご来場ありがとうございました!】」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.5
1-10件 / 10件中
  • 満足度★★★★★

    楽しかった。
    場面転換がめまぐるしかったけど、最後にはなれてました。
    楽しかったです頑張ってください

  • 満足度★★★★★

    楽しかった
    主役の多舞タカシさんの演技が光っていました。
    好かったです。

  • 満足度★★★

    楽しい
    舞台でした。支配人のキャラが強烈で、会場内の雰囲気を明るく楽しくしていたと思います。ストーリーも面白く、主役の役者さんも良かったと思います。が、他の重要な役を担っている役者さん(妹役とか・・)の魅力に欠けていたように思いました。全体的には楽しく観れました。

  • 満足度★★★★★

    支配人が最高
    楽しかったです。

    ただ、場面の移り変わりが多くて分かりづらい部分もありましたが・・・

    キャラの個性が最高でした。

  • 満足度★★★

    主演の方の熱演
    主演の方の熱演が光っていました。ストーリーに少々無理があると感じたのは私だけでしょうか?

    ネタバレBOX

    生きている人の心臓移植は、あり得ないため、ストーリーに無理がありました。
  • 満足度★★★

    コメディなんだろうけれど
    ネタが結構滑っていた。マリオのキャラクターが可愛らしい。あの服を着て無くてもマリオ風なのだけれど・・。全体的にコメディとしてのネタでもっと笑わして欲しい。最後にホロリ・・とする箇所もあって、楽しめた。

  • 満足度★★★

    技量ある出演陣の選定が課題
     主演もしている多舞タカシの原案による物語の設定と骨骼はなかなか粋で面白かった。ただ、それを肉付けして作品として表現する脚本・演出の段階での拙さ、粗さが見受けられた。

     また、最大の課題と言えるのが、出演陣の役者としての技量の低さだ。主役の多舞の演技は安定していたが、他の出演陣は若手を中心に男優も女優も「噛みまくり」な上、台詞の表現力も、間の取り方も、身体の動きによる演技も、学芸会レベルのぎごちなさが目立っていたのが残念だった。

     東京ROSE company は多舞が役者を招いて行うプロデュース公演の形式を取っているというが、こうした公演で「スピーディーでドラマチックでコミカル」なストーリーの骨骼自体の魅力をそのまま引き出すには、やはり、役者にそれなりの技量があることが必要不可欠な条件となる。そのことを強く感じた公演だった。

  • 満足度★★★

    全員名無し
    と、当日パンフレットに書いてあるのを読んだときは、大丈夫かな~と思ったが、日本人(と、いう設定ではないが)は名前より、その人の役割、ボスとか兄貴とか、支配人とかで人を呼ぶことが多いんだなと気づいた。おもしろい発見だった。名無しによる混乱はなかったが、一人でも多くの役者に役を振ることにかなりの労力を割いているようである。この役いらないいんじゃないの?と何度か思った。

    ネタバレBOX

    まず孤児院で育った4人の個性がはっきりせず、いつも4人でぞろぞろつるんでるのは無駄。人の命がかかってる割にはデレデレ動いて緊張感がない。いくら架空の国でも医者が健康な人の心臓を移植するなんてありえないし、あのチンピラが死ななかったらどうしたの?
  • 満足度★★

    飾りすぎ
    台詞が飾りすぎててリアリティに欠ける。
    よくあのカッコイイ台詞の数々を臆面も無く言えるものだ。

    役者は自分のプランを持ってきて一人でしゃべってる印象。
    互いの台詞の影響を受けてないように見える。
    声が良い人が何人かいたのに、もったいない。


    つまり、自分では気取った台詞いうけど、他人の話は聞いてない人がたくさんいる感じ。
    実在したら、絶対仲良くなれないと思った。

    ネタバレBOX

    全体的に台本が破綻してた。

    特にあのラストは、悲劇でもないし、ハッピーエンドでもないし、中途半端で感情移入しづらい。
  • 満足度★★★

    荒削り
     シナリオには光る科白が見受けられるが、自分の観た回の序盤は、演技が荒く、間の取り方も、身体の動きも、必然性を欠き、集約点を見失っているように見えた。中盤から後半に掛けては盛り返して来、展開の面白さも加わって、劇的表現と言えるレベルに回復したが、舞台に立ったら真剣勝負で臨んで欲しい。

このページのQRコードです。

拡大