演劇

彩の国シェイクスピア・シリーズ第25弾

シンベリン

彩の国さいたま芸術劇場

北九州芸術劇場 大ホール(福岡県)

他劇場あり:

2012/04/27 (金) ~ 2012/04/29 (日) 公演終了

上演時間:

蜷川シェイクスピア最新作は
『テンペスト』(第6弾)『ペリクリーズ』(第12弾)『冬物語』(第21弾)に続く
ロマンス劇『シンベリン』!


彩の国シェイクスピア・シリーズ第25弾は、ロマンス劇『シンベリン』を上演します。家族の離散や再会、遭難など幾多の試練を乗り越え、波瀾万丈の末に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/04/27 (金) ~ 2012/04/29 (日)
劇場 北九州芸術劇場 大ホール
出演 阿部寛、大竹しのぶ、窪塚洋介、勝村政信、浦井健治、吉田鋼太郎、鳳蘭、ほか
脚本 W.シェイクスピア
演出 蜷川幸雄
料金(1枚あたり) 400円 ~ 9,500円
【発売日】2012/02/19
全席指定
S席9,500円、A席6,500円、B席4,000円
*当日各500円増
サイト

http://www.saf.or.jp/arthall/event/event_detail/2012/p0402.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 蜷川シェイクスピア最新作は
『テンペスト』(第6弾)『ペリクリーズ』(第12弾)『冬物語』(第21弾)に続く
ロマンス劇『シンベリン』!


彩の国シェイクスピア・シリーズ第25弾は、ロマンス劇『シンベリン』を上演します。家族の離散や再会、遭難など幾多の試練を乗り越え、波瀾万丈の末に幸せな大団円を迎えるというまさにロマンス劇の真骨頂を、息もつかせぬ展開で見せていく作品です。
登場人物の関係や思惑が交錯し、複雑な心理表現が要求される本作を演じるのは、蜷川作品4作目にして当シリーズ初登場となる阿部 寛、『マクベス』『ヘンリー六世』でも遺憾なくその実力を発揮した大竹しのぶをはじめ、窪塚洋介、勝村政信、浦井健治、吉田鋼太郎、鳳 蘭と魅力的なキャストがそろいました。
2012年夏のオリンピック開催に沸くロンドンでの公演が早くも決定している彩の国シェイクスピア・シリーズ最新作『シンベリン』にどうぞご期待ください。


あらすじ
ブリテン王シンベリンは、王妃の連れ子クロートンと結婚させようと考えていた一人娘のイモージェンが、紳士ポステュマスと勝手に結婚したことに激怒する。追放され、ローマへと渡ったポステュマスは、そこで出会ったヤーキモーとふとしたことから妻の貞節を賭ける。ヤーキモーは彼女のブレスレットを盗み出し、それを見せられたポステュマスは妻の不義を信じ、召使いに妻の殺害を命じる。誤解を解きにローマへと向かうイモージェンだが、道中、迷い込んだ洞窟で一人の老人と2人の王子に出会う。その頃、ブリテンとローマは戦闘状態に突入し、妻への復讐を後悔するポステュマスは、ローマ軍の一員として戦いに参加する――。
その他注意事項
スタッフ 翻訳:松岡和子

[情報提供] 2012/01/07 01:55 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/04/27 10:22 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大