トカトントンと

デザイン:松本久木

0 お気に入りチラシにする

地点

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2012/02/09 (木) ~ 2012/02/14 (火) 公演終了

上演時間:

何か物事に感激し、奮い立とうとすると、どこからともなく聞こえてくる「トカトントン」という音。この音を聞いた途端、なにもかもがどうでもよくなってくる――。 玉音放送から始まるこの奇妙な現象。仕事へも、恋愛へも、芸術へも、新しいイデオロギーへものめり込むことができない〈虚無〉を描写した、ユーモア漂...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/09 (木) ~ 2012/02/14 (火)
劇場 神奈川芸術劇場・大スタジオ
出演 安部聡子、石田大、窪田史恵、河野早紀、小林洋平
脚本
演出 三浦基
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,500円
【発売日】2011/12/03
一般3,500円、U24チケット1,750円、高校生以下割引1,000円、シルバー割引3,000円
プレビュー公演(2月9日)は一般2,000円、24歳以下1,000円
サイト

http://chiten-kaat.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 何か物事に感激し、奮い立とうとすると、どこからともなく聞こえてくる「トカトントン」という音。この音を聞いた途端、なにもかもがどうでもよくなってくる――。 玉音放送から始まるこの奇妙な現象。仕事へも、恋愛へも、芸術へも、新しいイデオロギーへものめり込むことができない〈虚無〉を描写した、ユーモア漂う傑作短編をとりあげます。並行して展開するのは、恋という名の革命に胸を焦がす女性のモノローグ。太宰治の代表的作品『斜陽』の物語が交錯します。
その他注意事項 2/13プレトークあり
2/13, 14は英語字幕付(TPAM参加作品)
スタッフ 美術|山本理顕(建築家)、照明|大石真一郎、音響|徳久礼子、衣裳|堂本教子(KYOKO88%)、舞台監督|山口英峰、プロダクション・マネージャー|山本園子、宣伝美術・WEB|松本久木(MATSUMOTOKOBO Ltd.)、制作|伊藤文一・田嶋結菜、広報|熊井一記、営業|中里也寸志

[情報提供] 2011/12/08 00:07 by 地点

[最終更新] 2012/03/25 04:23 by 地点

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大