演劇

[JAPAN MEETS… ─現代劇の系譜をひもとく─]Ⅴ

サロメ

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2012/05/31 (木) ~ 2012/06/17 (日) 公演終了

上演時間:

2011年1月に開場したKAAT 神奈川芸術劇場の芸術監督、宮本亜門が、新国立劇場ではじめてストレート・プレイの演出を手がける。
『サロメ』は1891年に書かれたが、1893年2月にパリでフランス語版が発行され、その一年後に英訳がロンドンで出版された。その後現在まで数多くの外国語に翻訳されて...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/05/31 (木) ~ 2012/06/17 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 多部未華子、成河(ソンハ)、麻実れい
脚本 オスカー・ワイルド
演出 宮本亜門
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 7,350円
【発売日】2012/03/17
S席 7,350
A席 5,250
B席 3,150
Z席 1,500
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/play/salome/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2011年1月に開場したKAAT 神奈川芸術劇場の芸術監督、宮本亜門が、新国立劇場ではじめてストレート・プレイの演出を手がける。
『サロメ』は1891年に書かれたが、1893年2月にパリでフランス語版が発行され、その一年後に英訳がロンドンで出版された。その後現在まで数多くの外国語に翻訳されている。1896年ルーブル座でフランス初演。日本初演は1914年、松井須磨子主演で芸術座(劇団)による公演。最近では2009年の翻案劇としての上演や、ク・ナウカによる上演がある。
1905年にはリヒャルト・シュトラウスがドイツ語訳を歌劇にし、今日まで非常に人気の高いオペラ演目となり、近年も世界的に話題となる公演が次々と行われている。
本公演ではイェルサレムの王女サロメとヨカナーンの恋の悲劇にいたるまでの群衆劇を丁寧に作り、義理の父であるヘロデ王、母のヘロディアスとの3人の家族を中心に幻想的な台詞劇、美しく魅力的な新しい作品として甦らせる。
2010/2011シーズンに続く[JAPAN MEETS… ─現代劇の系譜をひもとく─]の一環として小説家の平野啓一郎によるフランス語からの新訳上演を企画し、現代の日本語の台詞によって作品世界を再生し、上演したい。
(2012年10月には新国立劇場オペラ『サロメ』が予定されている。)


ものがたり

舞台はイェルサレム、ヘロデ王の宮殿。サロメは王妃ヘロディアスの娘で、ユダヤ王ヘロデは義父。ヘロデはサロメの実の父である兄を殺し、ヘロディアスを妻としていた。
宴の席で、ヘロデ王に見つめられていたサロメがテラスに逃れていくと、その地下の井戸から不気味な声が聞こえてきた。ヘロデ王に幽閉されていた預言者ヨカナーンの声。サロメは興味を持ち、親衛隊長に命じて、ヨカナーンを井戸から外に出してもらう。
ヨカナーンはヘロディアスの近親婚の罪をとがめるが、サロメの誘いには目もくれず、また、井戸へ戻っていく。
サロメを追って、ヘロデ王、続いてヘロディアスがテラスに出てくると、地下からはヨカナーンの声が聞こえる。
踊って見せよと命ずるヘロデ王。サロメはその代わりにヨカナーンの首を要求する。
その他注意事項
スタッフ 翻訳:平野啓一郎 

[情報提供] 2011/12/05 07:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/01/08 20:27 by しのぶ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!