青果鹿

青果鹿スタジオ(東京都)

2011/12/24 (土) ~ 2011/12/29 (木) 公演終了

上演時間:

地質学、鉱物学、古生物学など
様々な分野に精通していた
宮沢賢治の
その驚きの知識が凝縮された
『楢ノ木大学士の野宿』を
生演奏とともにお届けする
青果鹿初の朗読劇


楢ノ木大学士は宝石学の専門だ。
ある晩大学士の小さな家へ、
「貝の火兄弟商会」の、
赤鼻の支配人がや...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/12/24 (土) ~ 2011/12/29 (木)
劇場 青果鹿スタジオ
出演 白石里子
脚本 宮沢賢治
演出
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,500円
【発売日】2011/11/26
前売・当日 1,500円(日時指定・全席自由)
サイト

http://www.seikashika.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 地質学、鉱物学、古生物学など
様々な分野に精通していた
宮沢賢治の
その驚きの知識が凝縮された
『楢ノ木大学士の野宿』を
生演奏とともにお届けする
青果鹿初の朗読劇


楢ノ木大学士は宝石学の専門だ。
ある晩大学士の小さな家へ、
「貝の火兄弟商会」の、
赤鼻の支配人がやってきた。
「先生、ごく上等の蛋白石(オパール)の注文があるのですがどうでせう、お探しをねがへませんでせうか。もっともごくごく上等のやつをほしいのです。何せ相手がグリーンランドの途方もない成金ですから、ありふれたものぢゃなかなか承知しないんです。」

赤鼻の支配人の依頼を受けて、
楢ノ木大学士は宝石を探しに、
上野駅から葛丸川の川原へと赴きます。
そして、蛋白石を探して、どこまでも川を溯りました。
ところがたうとう夜になり、
河原の石ころも赤やら黒やらわからなくなって、
大学士は大きな石の上に野宿をします。
すると、向こうの黒い四つの峰が、
だんだん地面からせりあがって来ました。
それは四人兄弟の岩頸、ラクシャンの四人兄弟でした。
俄かにラクシャン第一子が
雷のように怒鳴り出しました。

「何をぐづぐづしてるんだ。潰してしまへ。灼いてしまへ。こなごなに砕いてしまへ。早くやれっ。」
その他注意事項
スタッフ 演奏 中村 明子
原作 宮沢 賢治
宣伝写真 原田 景子
製作 青果鹿

[情報提供] 2011/11/27 21:49 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/12/27 08:24 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大