演劇

ダモアエムシープロモーション 

全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都)

2011/08/30 (火) ~ 2011/09/04 (日) 公演終了

上演時間:

【あらすじ】

人口17人、7家族しかいない、とある小さな、美しい島。
そこに、島全体のリゾート化を計画する東京の企業から、高峯はやって来た。
島には、今も多くの古い因習が残り、その閉鎖的な環境からか、島人の結びつきは強く、どこか芯の部分まではよそ者が入り込めない雰囲気があった。
高...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/08/30 (火) ~ 2011/09/04 (日)
劇場 全労済ホール/スペース・ゼロ
出演 川島なおみ、山口馬木也、中康次 、工藤潤矢、宮崎翔太 、神原弘之、堤大二郎、大和なでしこ、新納敏正 、小林かづこ、倉地彩乃 、高橋浩二郎、ほか
脚本 守口悠介
演出 郷田拓実
料金(1枚あたり) 6,500円 ~ 7,000円
【発売日】2011/07/15
全席指定 6,500円(前売)、7,000円(当日)
サイト

http://butai-hisai.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【あらすじ】

人口17人、7家族しかいない、とある小さな、美しい島。
そこに、島全体のリゾート化を計画する東京の企業から、高峯はやって来た。
島には、今も多くの古い因習が残り、その閉鎖的な環境からか、島人の結びつきは強く、どこか芯の部分まではよそ者が入り込めない雰囲気があった。
高峯と同じく外からやって来た小学校校長・城間も、「あまり、この島に深く関わらない方がいい」と告げた。

高峯は、島の様々な人物との関わりを通して、少しずつこの島に馴染もうとしていく。
しかし、この島の村長の娘で、巫女であるタカ子は、この島に生まれ、生きていくことに、何か重い使命を背負っているようであり・・・

少しずつ親しくなっていく高峯とタカ子。そしてやがて、この島に代々受け継がれてきた秘密が少しずつ解かれていき、かつてこの島に滞在し、海難事故で死んだとされていた高峯の前任者・井上の死の真相も分かって来る。

夏が終わり、ついに、この島最大の秘密である、豊年祭(プールィ)のときがやってきた。
古い因習に包まれた謎の祭は、ときに明るく、またときに厳かに進んでいき、
高峯は、島のしきたりに囚われた運命の枷を外すべく、タカ子を約束の地・月の浜(ツクントゥモラ)へと連れて走っていく。

そして高峯は、この島の全ての秘密の鍵を握る男・村長の宮良辺ヨシオと、最後の決着をつけるべく、対峙する――。


その他注意事項
スタッフ 原作:石原慎太郎(新潮社刊)

【主題歌】「十六夜」城南海(ポニーキャニオン/9月7日発売 シングルCD「兆し」収録)

[監修]新城卓
[演出助手]小形知巳
[舞台監督]中西輝彦
[音響]内藤博司
[照明]成瀬一裕
[美術]奥村康彦
[映像]栗山聡之/上田一郎
[衣装]三大時志保美
[音楽]清水一雄/藤岡洋
[振付]中谷水嶺
[スチール]山川雅生
[キャスティング]村上正剛
[プロデューサー]和田敦也
[主催]株式会社ダモアエムシープロモーション

[情報提供] 2011/08/21 20:06 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/05 17:24 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

ひらき みこ(倉地彩乃)

ひらき みこ(倉地彩乃)(0)

役者・俳優 演出助手 制作 Webサイト

「秘祭」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大