劇団東京ヴォードヴィルショー

紀伊國屋ホール(東京都)

2011/09/23 (金) ~ 2011/09/28 (水) 公演終了

上演時間:

「アパッチ砦の攻防」は、実に幸せな作品です。そもそもは佐藤B作さんから、「思いっきり笑える芝居を書いてくれ」と頼まれたのが執筆のきっかけです。今から十五年前のことです。それ以来、何度も再演を重ねて来ました。僕が書いたお芝居の中で、これほど長く皆さんに愛されている作品は他にありません。
「アパ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/23 (金) ~ 2011/09/28 (水)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 佐藤B作、佐渡稔、あめくみちこ、沖直未、斉藤清六、角野卓造、ほか
脚本 三谷幸喜
演出 永井寛孝
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 5,000円
【発売日】2011/07/12
[全席指定]  前売 4,500円  当日 5,000円  学生 3,500円(当日のみ)
サイト

http://www.kinokuniya.co.jp/label/20110718125300.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「アパッチ砦の攻防」は、実に幸せな作品です。そもそもは佐藤B作さんから、「思いっきり笑える芝居を書いてくれ」と頼まれたのが執筆のきっかけです。今から十五年前のことです。それ以来、何度も再演を重ねて来ました。僕が書いたお芝居の中で、これほど長く皆さんに愛されている作品は他にありません。
「アパッチ砦の攻防」は不思議な作品です。再演を重ねるにつれて、登場人物が増えて行きます。そして、自分で言うのもなんですが、どんどん面白くなっていきます。初演には、主人公鏑木さんの奥さんは登場しませんでした。確か千秋楽の舞台を客席で観ていた時「これって、奥さんがマンションにやって来たら、ますます事態は混乱し、もっともっと笑えるようになるな」と思いついてしまい、B作さんにお願いして、最初の再演の時にホンを書き直したのでした。それからも、公演の度に少しずつ改良を加えて行きました。そのうちに、鏑木さんの電話の相手としてしか登場しなかった愛人ビビアンの存在が気になり始め、「これって、ビビアンもマンションにやって来たら、ますますますます事態は混乱し、もっともっともっと笑えるようになるな」と思いついてしまい、何度めかの再演の時から、実際にビビアンを登場させることにしました。
今年、僕は四本の新作舞台を発表することになっています。どれも笑いはありますが、コメディーではありません。僕は生涯喜劇作家のつもりですが、たまにはコメディー以外のものも書いてみたくなります。今はそんな年頃なのです。僕にとってのコメディーとは、すべての設定、すべてのシーン、すべての台詞が、笑いのためだけに存在している舞台のこと。つまりはこの「アパッチ砦の攻防」のような作品のことです。久々に台本を読み返して、(やっぱり、ただただ笑えるお芝居って、いいもんだな)と、改めて感じました。実はB作さんとはもう一本、ヴォードヴィルのために新作を書き下ろす約束をしています。次は「アパッチ~」を越えるような、思い切り笑えて、そして末永く愛されるコメディーをぜひ、作りましょうね、B作さん。     三谷幸喜
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/07/23 21:48 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/10/12 18:10 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大