演劇

第十五回公演

いと愛し

デザイン:立花和政

0 お気に入りチラシにする

演劇

第十五回公演

いと愛し

劇団競泳水着

SPACE 雑遊(東京都)

2011/11/01 (火) ~ 2011/11/06 (日) 公演終了

上演時間:

一人の人間には、生きてきた年齢分の重みがある。

人が集まれば、人数分の重みが絡み合う。

そしてそこにいるはずの誰かが消えた時、その人間の重みによって保たれていたバランスは、歪みとなって残された者を襲い、埋めがたい隙間が生まれる。

その隙間を埋めるもの。
それを人は「愛」と名...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/11/01 (火) ~ 2011/11/06 (日)
劇場 SPACE 雑遊
出演 大川翔子、川村紗也、細野今日子
脚本 上野友之
演出 上野友之
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2010/09/23
前売…¥2500(振込精算のみ)
当日精算…¥2800
当日券…¥3000

高校生以下(要証明・枚数限定)…¥2000

先行販売:9月23日(金・祝)~9月30日(金)
※先行特典:開演5分前まで「お好きなお席」をご用意させて頂きます。

一般販売開始:10月1日(土)
サイト

http://k-mizugi.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 一人の人間には、生きてきた年齢分の重みがある。

人が集まれば、人数分の重みが絡み合う。

そしてそこにいるはずの誰かが消えた時、その人間の重みによって保たれていたバランスは、歪みとなって残された者を襲い、埋めがたい隙間が生まれる。

その隙間を埋めるもの。
それを人は「愛」と名付けた。

劇団競泳水着、一年ぶりの本公演。
活動再開としてお届けするのは、初めての、劇団員三人のみによる三人芝居。

-----------------------

ご挨拶

結構長い間、腰を低くしてやってきた気がする。

実際、色々よくわかってなかったし。今でも、小劇場界の片隅にお邪魔しているという気持ちもある。でも最近、俺たちは俺たちだよな、と思うようになった。
正直言って、自分が日本で一番の脚本家だとは(まだ)思わない。同じように、劇団員の三人のことも、日本で一番の女優だとは(まだ)思わない。

ただ、自分と彼女たちが揃った時に、その時に出来上がる作品は、なかなかに唯一無二というか、他の追随を許さないのではないかと思ったのだ。
で、初めての劇団員だけの公演。それを証明するには絶好の機会。気を使う相手もいないので、いつも以上に自由に、ふざけまくりながら、あっさりとベストを更新したい。

劇場でお待ちしております。

主宰 上野友之
その他注意事項 11月2日(水)13:00より、公演中の劇場・実際の「いと愛し」上演台本を使ったワークショップを行います。

詳細は、WEBにてご確認ください。
スタッフ 舞台監督:本郷剛史
舞台監督補佐:伊豫田一成
照明:山内祐太
音響:星野大輔
演出助手:入倉麻美
美術:細野今日子
ヘアメイク:高山美容専門学校
衣裳:川村紗也
映像撮影:西池袋映像
舞台写真:下田直樹
WEB広報:飯田裕幸
宣伝美術:
[図案]立花和政
[写真]松浦歩
[ヘア・メイク]伏屋陽子
制作:会沢ナオト(mono.TONE)

協力:SPACE雑遊 池林房・太田篤哉
zacco 立花プロダクション mono.TONE
Corich舞台芸術! ロングランプランニング株式会社

企画・製作:劇団競泳水着

[情報提供] 2011/07/14 15:05 by あいざわ

[最終更新] 2011/12/31 15:03 by あいざわ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー5

ばなお

ばなお(0)

応援役です。

U

U(0)

脚本・演出です。何卒よろしくお願いいたします。

かわうそ

かわうそ(0)

丸裸でやってゆきたいです。

このページのQRコードです。

拡大