舞踊・バレエ

MD 00-10 ミエ・コカンポ

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

アンスティチュ・フランセ東京

アンスティチュ・フランセ東京(東京都)

2011/07/08 (金) ~ 2011/07/09 (土) 公演終了

上演時間:

『MD 00-10』は、2000年~2010年(00-10)にミエ・コカンポが行った音楽=musiqueとダンス=danse(MD)の関係についての探求が、3つのソロパートで表現される。10年に及ぶこの孤独な探求のきっかけや疑問は、コンテンポラリーダンスと音楽の関係を問うものであった。
『ソ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/07/08 (金) ~ 2011/07/09 (土)
劇場 アンスティチュ・フランセ東京
出演 ミエ・コカンポ
演出
振付
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,500円
【発売日】
会員:1000 円
一般:1500 円
サイト

http://www.institut.jp/ja/evenements/10593

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『MD 00-10』は、2000年~2010年(00-10)にミエ・コカンポが行った音楽=musiqueとダンス=danse(MD)の関係についての探求が、3つのソロパートで表現される。10年に及ぶこの孤独な探求のきっかけや疑問は、コンテンポラリーダンスと音楽の関係を問うものであった。
『ソロ・テーブル(SOLO TABLE)』『足跡/ピアノ(TRACE/PIANO)』『ア・ミューズ(A-MUSE)』は、それぞれの方法で、身振りと音との独創的な割り振りを提示する。そこでは身体がフレーズになり、図表が耳に聴こえるものとなり、身振りと音が一つになる。ダンスは音楽であり、軽やかに時と空間になる。
その他注意事項 『ソロ・テーブル(SOLO TABLE)』:ポール・エリュアール劇場(べゾン市)
『足跡(TRACE)』:2002年、ミエ・コカンポとジェローム・アンドリューはヴィラ九条山に招聘アーティストとして滞在。制作:2002年、AFAA(現アンスティチュ・フランセ)、公益財団神奈川芸術文化財団、京都芸術センター、京都の暑い夏事務局、日本文化藝術財団、関西日仏学館、2005年 CND国立ダンスセンター
『ア・ミューズ(A-MUSE)』:アンギャン=レ=バン・アートセンター

スタッフ ミエ・コカンポ:日仏ハーフのダンサー。1993年、名古屋で行なわれた「世界バレエ&モダンダンスコンクール」で金賞とニジンスキー賞をダブル受賞。1995年より振付家としても活動し、1998年に自身のカンパニー「K622」を立ち上げる。パフォーマーとして、また講師として、コンテンポラリーダンスの可能性を広げるべく、幅広く活躍し貢献している。

[情報提供] 2011/05/30 15:03 by 東京日仏学院

[最終更新] 2011/07/09 11:11 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大