演劇

第32回公演

〜人はなぜ、一人で生きてはいけないの?〜

新・牡丹灯籠

デザイン:古木杏子

0 お気に入りチラシにする

演劇

第32回公演

新・牡丹灯籠

〜人はなぜ、一人で生きてはいけないの?〜

劇団キンダースペース

シアターX(カイ)(東京都)

2011/01/26 (水) ~ 2011/01/30 (日) 公演終了

上演時間:

あらすじ
「牡丹灯篭」は三つの話が情念の意図のように絡み合って進む物語である。

一つはいわずと知れたお露・新三郎。恋に狂って死んだお露とお露に自らの生を重ねようとするお米、二人ながら霊魂となって新三郎を求め、これを知りながら死へと傾斜していく新三郎の物語。

二つ目はお国・源次郎。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/01/26 (水) ~ 2011/01/30 (日)
劇場 シアターX(カイ)
出演 瀬田ひろ美、平野雄一郎、白沢靖子、小林元香、古木杏子、深町麻子、大桑茜、安食真由美、森下高志、瀧本志優、清水拓也、伊藤勉(劇団文化座)、花ヶ前浩一(アルファ・セレクション)、白州本樹(スターダス・21)、鈴木幸二(スターダス・21)、有本孝浩
脚本 原田一樹
演出 原田一樹
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,000円
【発売日】2011/01/04
前売券/4,000円〈当日券/4,500円〉
ペア券/7,500円(お二人でご入場の方)
二回観劇券/7,000円(お一人で二作品ご覧になる方)
養成所割引券/3,000円(大学・専門学校・演劇養成所生徒対象)
学生割引券/2,000円(高校生以下対象)
サイト

http://www.kinder-space.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あらすじ
「牡丹灯篭」は三つの話が情念の意図のように絡み合って進む物語である。

一つはいわずと知れたお露・新三郎。恋に狂って死んだお露とお露に自らの生を重ねようとするお米、二人ながら霊魂となって新三郎を求め、これを知りながら死へと傾斜していく新三郎の物語。

二つ目はお国・源次郎。お露がその父飯島平左衛門に勘当同然にされたのをいいことに、その家督を狙う計略を立てるが露見し、思わぬ平左衛門殺しの罪と深手を負ったお国と源次郎、逃避行を重ねる内に、この二人の愛と執着は異様に変遷していく。

三つ目はお峰・伴蔵。亡霊であるお露と取引をし、魔封じのお札をはがすのと引き換えに、つまり、主人と仕える新三郎の命と引き換えに百両という金を得、これを元手に金物屋を開きお大尽となるお峰・伴蔵の夫婦。金持ちとなった伴蔵の最近の置屋通いの浮気相手が、源次郎のために働くお国と知ったお峰の、伴蔵への愛憎のつらあてと、それを知った伴蔵のお峰殺し。

これらの三つの話が絡み合い進んでいく中で、キンダースペース版「新・牡丹灯籠」は、ある登場人物の「とはずがたりの物語り」として再編される。

解説
「牡丹灯籠」が他の怪談話と違うように私たちを惹きつけるのは、この話が、復讐の怨念によるもう一つの世界からの襲撃ではなく、愛の執着によるもう一つの世界への誘惑であるからです。
しかしこの二つは、実は全く同じように、一見平穏なこの世界の、深い亀裂を意識させます。
愛と呼ばれる一人一人のつながりがいかに不確かなものなのか、そして、なぜ愛は執着に姿を変えるのか?
それは私たちがいかに独りか、独りである事に耐えられないか、ということを教えます。
執着の見せる悪夢は、想像力を遥かに超えて私たちに襲いかかります。
それは悪夢が、すぐそこにある、
もう一つ別の世界からやってくるからです。
〈作・演出/原田一樹〉

これまでキンダースペースはアトリエ公演において、近代文学アンソロジー〈小泉八雲篇、志賀直哉篇、織田作之助篇、太宰治篇等〉として日本の近代小説を劇化・上演して参りました。
今回は本公演として、三遊亭圓朝の古典落語「牡丹灯籠」を原作に、三つの絡み合う話を、女の側からの恋愛への執着と情念として描きます。              
〈劇団キンダースペース制作部〉
その他注意事項 「新・牡丹灯籠」読む会&もうすぐ初日!ワークショップ

1月26日~30日、シアターカイ公演「新・牡丹灯籠」の上演に先駆け、~参加すれば芝居が2倍楽しめる~読む会とセミナーワークショップを【無料】開催します。

■「牡丹灯籠を読む会」1月16日(日)16:00~
上演作品の一部を参加者と劇団員とで読みます。
原作に触れ、声を出して読むことで、観劇する面白さをより味わっていただこうとする試みです。

■「もうすぐ初日!ワークショップ」1月16日(日)17:30~
演出家・原田一樹を中心に、今回の芝居創りの行程や上演作品の紹介、演劇そのものの持つ魅力についてなど、
「新・牡丹灯籠」上演に先駆け、作品の背景、演出意図、演劇全般について多角的にお話します。
演出家・原田一樹によるセミナー形式で行ないますので、お気軽にご参加ください。

場所■劇団キンダースペースアトリエ(西川口) 
入場■無料 
※ご予約は劇団キンダースペースへ
post@kinder-space.com

劇団キンダースペースWEBページ 
http://www.kinder-space.com
スタッフ 美術/松野潤
照明/篠木一吉
音響/浦崎貴(ワンダースリー)
殺陣/山本常文(思誠館道場)
衣裳/鳥居照子
かつら/(有)細野かつら店
小道具/高津映画装飾(株)

舞台監督/村信保
演出助手/坂上朋彦
ちらしデザイン/古木杏子

[情報提供] 2011/01/07 12:05 by けさく

[最終更新] 2012/01/10 07:29 by けさく

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

けさく

けさく(0)

役者・俳優 声優 演出 制作

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大