演劇

電光石火一発座 第九回公演

『好きじゃない』

デザイン:オレンヂスタ美術部

0 お気に入りチラシにする

演劇

電光石火一発座 第九回公演

『好きじゃない』

電光石火一発座

ナンジャーレ(愛知県)

2011/01/29 (土) ~ 2011/01/30 (日) 公演終了

上演時間:

【あらすじ】
ルームシェアをしていた青山善樹と沢木祐一は、青山の結婚に合わせてルームシェアをやめ、引っ越すことになった。その引越しに、青山の婚約者である熊川春美をはじめとした友人たちが、合コンを餌に手伝いにやってくる。だが、沢木は青山の引越しに納得がいっていなかった。なぜなら青山と沢木は恋人...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/01/29 (土) ~ 2011/01/30 (日)
劇場 ナンジャーレ
出演 久米達也、中田顕治(愛知淑徳大学演劇研究会『月とカニ』)、武田知子、鵜飼七菜子、竹本真司、七井未来、上田勇介、小寺梨絵、加藤由衣、加藤聡美、横田亜矢子、小林遼、横尾友美
脚本 二和進
演出 吉川和典
料金(1枚あたり) 1,200円 ~ 1,500円
【発売日】2010/12/12
前売・当日精算 1,200円
当日 1,500円
サイト

http://www.geocities.jp/not_ippatsu/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【あらすじ】
ルームシェアをしていた青山善樹と沢木祐一は、青山の結婚に合わせてルームシェアをやめ、引っ越すことになった。その引越しに、青山の婚約者である熊川春美をはじめとした友人たちが、合コンを餌に手伝いにやってくる。だが、沢木は青山の引越しに納得がいっていなかった。なぜなら青山と沢木は恋人だったから。恋だとか、愛だとか。言葉に縛られた関係のままでは身動きの取れない、感情の世界。引越しをする過程で徐々に吐露されていくのは、それぞれのわがままと、それぞれの思いやり。

【電光石火一発座とは?】
2004年12月、名古屋に点在する学生劇団を母体に発足。
近年は何気ない日常をベースに何気ない会話を展開させ、そこから垣間見える人間の温かみを表現することを命題とする。日常の会話の中に潜む人間の可笑しさ、哀しさ、そして、優しさを、観る者の心の奥に届けるべく、名古屋を拠点にゆる~く活動する癒し系劇団。
劇団の特徴である、複数の人物が同時に自己の関係性、背景を伴って会話する「超自然体群像会話」により、より臨場感のある現実世界に近い劇空間を構築している。
その他注意事項
スタッフ STAFF
脚本:二和 進
演出:吉川 和典
演出助手:小林 遼
舞台装置:柴田 頼克、加藤 聡美
照明:横尾 友美、角田 彩(名古屋大学劇団新生)
音響:斎藤 正樹(フリー)、桑山 和広(大豊電機商会)
小道具:上田 勇介、竹本 真司、小寺 梨絵
衣装:鵜飼 七菜子
制作:武田 知子、横田 亜矢子、加藤 由衣
舞台監督:柴田 頼克
宣伝美術:オレンヂスタ美術部
制作協力:折込みネットワーク(http://www.orikomi-net.com)

[情報提供] 2010/12/15 02:21 by 電光石火一発座

[最終更新] 2011/01/30 19:35 by 電光石火一発座

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

電光石火一発座

電光石火一発座(0)

制作です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大