演劇

劇団フルタ丸第4回公演

鹿を洗え

劇団フルタ丸

アートスタジオ(明治大学猿楽町第2校舎1F) (東京都)

2004/07/01 (木) ~ 2004/07/04 (日) 公演終了

上演時間:

ニューヨークのミッドタウンにある「おにぎり屋」。
そこでは、朝から晩まで、様々な人種がお米を必死に握っていた。
ある日、そんな調理場へ、「たつひろ」という青年が日本からやってきた。
彼は、おにぎりへの熱い情熱を持った青年だった。
カナダ人のジャコビン、ベトナム人のグエン、
台湾人のメ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2004/07/01 (木) ~ 2004/07/04 (日)
劇場 アートスタジオ(明治大学猿楽町第2校舎1F)
出演 フルタジュン、竹原じむ、高橋トモキ、川瀬アキヒロ、星野祐介、土田知史
脚本 古田淳
演出 古田淳
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 800円
【発売日】2004/06/08
前売り800円
当日1000円
学生の方は受付にて学生証提示で当日800円
サイト

http://furutamaru.com/shika.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ニューヨークのミッドタウンにある「おにぎり屋」。
そこでは、朝から晩まで、様々な人種がお米を必死に握っていた。
ある日、そんな調理場へ、「たつひろ」という青年が日本からやってきた。
彼は、おにぎりへの熱い情熱を持った青年だった。
カナダ人のジャコビン、ベトナム人のグエン、
台湾人のメルとヤンヤン、そして、 カリスマ職人でもあるオランダ人のムッシュ。
はっきりと頭のおかしい人達だったが、
「市長選挙における毒入りおにぎり創作秘話」のエピソードを経て、
徐々にたつひろのことを認め始めていた。

そんな矢先、それぞれに「ある分岐点」がやってきてしまう。
それぞれの理由で、大好きなおにぎりを辞める者、大好きなおにぎりを続ける者。
「おにぎりを握り続ける」って何なのか?
誰もが人生で通過する「夢」における一瞬を描いた物語。
~チラシ口上文~
まだ、小学校1年生だった頃、飼っていた犬が死んでしまった。
泣きに泣いた。
自分以外のために、初めて流した生涯一キレイな涙だ。
しかし、その日の晩には、犬の図鑑を片手に「次は柴犬が飼いたいんだ」と親を説得。
中学生の頃、何気なく「小島君の家はペンギンを飼っているよ」という
どうでもいいウソを付いて周った結果、小島の家族を巻き込んだ大事件になったことがある。
これはフルーツを片手に謝罪。
高校生の頃、夏の陽が沈みゆく公園でただ悶々としていた時のことだ。
目の前を、一組のカップルが通り過ぎた。いつも通学路ですれ違う、近くの高校の女の子だ。
僕は密かにこの子のことが好きだったので、いつもすれ違う瞬間には、片手でさっと髪型を整えていた。
でも、馬面カレシの髪は、全然整っていなかった。
僕の方が整っていた。ぜったい。
それだけに、悔しい。
「犬、ペンギン、馬」どう振り返ってみても、今の所、鹿の記憶は一つもない。
すると、アラブ人は僕にこう答えるのだった。
「弱い奴の武器に気をつけろ。今すぐにね」
なるほど、完成である。
そういえば、僕には、鹿の記憶が一つだけあったのだ。
その他注意事項
スタッフ 照明 : 森友樹
音響 : 小澤遊
映像 : 其式
舞台監督 : 相模時寿
制作 : 向井智子

[情報提供] 2007/05/07 02:15 by ぺディー君

[最終更新] 2011/08/01 23:31 by そうそう

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大