死刑執行人 〜山田浅右衛門とサンソン〜

デザイン:田島圭一郎

0 お気に入りチラシにする

世の中と演劇するオフィスプロジェクトM

テアトルBONBON(東京都)

2011/03/09 (水) ~ 2011/03/15 (火) 公演終了

上演時間:

震災による休演もございましたが、劇場の協力を得て代替公演を行ない、予定通りのステージ数を終えました。
困難な状況の中ご来場くださったお客様に、心より感謝致します。また、ご協力くださった方々、お心をお寄せくださった皆様にも。
本当にありがとうございました。

--------------...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/03/09 (水) ~ 2011/03/15 (火)
劇場 テアトルBONBON
出演 鈴木一功、根本和史、和田広記、リアルマッスル泉、小山貴司、横澤有紀、石本径代、桑原なお、上條拓也、深尾尚男、伊藤南咲、中農康祐、椿あさこ、阿久津優、平田優、小林達雄、丸尾聡
脚本 丸尾聡
演出 丸尾聡
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】2011/01/09
前売3.500円
当日4.000円
大学生以下・演劇関連養成所生2.500円
サイト

http://promstage.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 震災による休演もございましたが、劇場の協力を得て代替公演を行ない、予定通りのステージ数を終えました。
困難な状況の中ご来場くださったお客様に、心より感謝致します。また、ご協力くださった方々、お心をお寄せくださった皆様にも。
本当にありがとうございました。

---------------------------
千秋楽!
3月15日(火)
 14:00 通常公演
 18:30 追加代替公演【東北演劇団体支援ステージ】
---------------------------

世の中と演劇するオフィスプロジェクトMでは、東北地方太平洋沖地震の影響により、やむを得ず中止と致しました11日19時公演の代替公演を、劇場の協力も得て行ないます。

また、その公演は、東北地方太平洋沖地震で被災された演劇団体への支援ステージと致します。
収益の一部、そして当日設置致しますカンパボックスに賜りましたお客様からのご厚意を、【せんだい演劇工房10-BOX】などを通して、東北地方の演劇団体へ寄付致します。

代替追加公演は、通常は一般前売券3500円、当日券4000円のところ、3000円でご観劇いただけます。(15日マチネは通常料金ですのでご注意くださいませ)。

【会場】中野:テアトロBONBON
【ご予約/お問合せ】
 劇場ロビー 03-3383-3057
 info@promstage.com
---------------------------


 彼はいない、新聞記事の中に。そこにいるのは、「被告人を死刑に処す」と告げる裁判官と、姿勢を変えずにその言葉を聞く被告人。遺影と喪失を抱いてハンカチを口元に押し当てる遺族。
 彼はいない、テレビの中に。そこにいるのは、死刑執行の書類にサインをした法務大臣。彼はいない、インターネットの中に。そこにいるのは、逮捕され護送される容疑者を、即座に死刑にしろと書き込む有象無象。
 いないのは、絞首のボタンをその指で押す刑務官。囚人の生命を終わらせる彼は、その日の朝、独房の並ぶ廊下にしんと響くらしい、コツコツという靴音でだけ語られる。
 
 入念に隠されていて当然なのだ。有象無象が死刑にしろと書き込んだのと同じ手で、暴きたてた靴音の主の身辺を、好き勝手に書き込まない保証はない。
 幾時代か前。死刑がことさらに残虐な方法をとった見せしめや、昏いカタストロフィーを呼ぶ見せものだった頃。死刑執行人の姿はあからさまに曝された。絵にすら描かれた。
 もちろん死刑に処されるのは、国の体制や善き人々が殺すと断じた大罪人。だがそれでもどうしようもなく人間は、殺しを行なう者を異端と見る。多くの国で、執行人は他の職を得るにも苦労し、結婚するにも差別され、子どもは学校にも通えなかった。
 靴音の主の姿がもし見えたなら、同じことが起こらないといったい誰に言えるだろう。
 
 サンソンの一族は、ムッシュ・ド・パリという華麗にして禍々しい称号を持っていた。代々の山田浅右衛門は、浪人の身分ながら江戸幕府の御様御用(おためしごよう)の職にあった。いずれも仕事は世襲だった。
 刑死者の末裔でもなく執行人の末裔でもなく、そして喪失を抱いた遺族の末裔でもない私はきっと、善き人の顔をして彼らを差別した者の末裔だ。だから考えねばならない、いまも誰かを追い詰めていないかを。だから想像しなければならない、現実では決して見えない靴音の主の、姿を声を表情を。そして問わねばならない、見えてはならない存在を、国家と善き人が作り出してよいのかを。
 
 『死刑執行人』は、プロジェクトMが2年前に上演して高い評価を得た、『離宮のタルト』で見せた時空を繋ぐ作劇だそうだ。ムッシュ・ド・パリ、御様御用とともに、姿と声と表情を持った刑務官が描かれるだろう。
 きっと彼は、コツコツと靴音を響かせて、舞台の上に現れる。

                                         国松里香(チラシ裏面 紹介文より)
その他注意事項 ○大学生/専門学校生/演劇関連養成所所属生、及び高校生のチケットにつきましては、当日受付にて学生証などの呈示をお願い致します。
○開場は開演の30分前、受付開始は開場の30分前です。
○前売券をお持ちのお客様も、開演後にはご入場いただけない場合がございます。
○10歳以下のお客様はご来場をご遠慮ください。
スタッフ 作/演出 丸尾聡
舞台美術 寺岡崇
照明 小関英勇
音響 鶴岡泰三
ムーブ 工藤美和子
舞台監督 金安凌平
演出助手 モスクワカヌ
宣伝美術 田島圭一郎
映像記録 田沼敦
カンパニースタッフ 平沼寧・小澤浩明
企画/制作 オフィスプロジェクトM Rinifil
協力 アブソードミュージックジャパン レクラム舎 (株)エムアールクリエイティブ Aprire Stage Management 
タイムリーオフィス (株)グリーンメディア 企てプロジェクト フォト・ワンスタジオ 

[情報提供] 2010/12/07 16:36 by ZAZEN8

[最終更新] 2011/06/23 00:44 by wakanu

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

たー坊

たー坊(0)

サンソン、山田浅右衛門、そして現代。駆け抜けます。

tk

tk(0)

山田浅右衛門さんのお墓参りに行こうと思います。

wakanu

wakanu(4)

脚本

演出助手として参加しております。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大