演劇

ワンツーワークス

吉祥寺シアター(東京都)

2011/01/07 (金) ~ 2011/01/12 (水) 公演終了

上演時間:

無人島に漂着した少年たちが、次第に獣性に目覚めていく。
そのプロセスを克明に描いた、ウィリアム・ゴールディングの小説『蠅の王』を大胆に翻案。
人間の心に潜む「闘争本能」の正体をあぶり出す、ワンツーワークス最新作。

ストーリー
人はなぜ争うことをやめられないのか――?
争うこと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/01/07 (金) ~ 2011/01/12 (水)
劇場 吉祥寺シアター
出演 奥村洋治、関谷美香子、重藤良紹、武田竹美、長澤英知、越智哲也、安田惣一、増田和
脚本 古城十忍
演出 古城十忍
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 4,500円
【発売日】2010/11/29
全席指定 4,000円(当日4500円)  
サイト

http://onetwo-works.jp/nextstage_hae.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 無人島に漂着した少年たちが、次第に獣性に目覚めていく。
そのプロセスを克明に描いた、ウィリアム・ゴールディングの小説『蠅の王』を大胆に翻案。
人間の心に潜む「闘争本能」の正体をあぶり出す、ワンツーワークス最新作。

ストーリー
人はなぜ争うことをやめられないのか――?
争うことは避けられない、人間の持つ本能なのか――?
少年たちの乗った飛行機が不時着した孤島は、紛れもないパラダイスだった。
【社員たちが招集された新規プロジェクトチームは、紛れもない新天地だった。】

そこには完璧な「自由」があった。
快適な生活を目指した少年たちの心に、「獣性」が芽生えるまでは――。
【快適な職場を目指した社員たちの心に、「功名心」が芽生えるまでは――。】

なぜパラダイスは崩壊に向かうのか?
内部対立から芽生える猜疑心、恐怖心、憎悪、闘争……。
【内部対立から繰り広げられるパワハラ、セクハラ、誹謗中傷、強制排除……】

「社会」を築くことは、「力の差」を生むことなのか?
その他注意事項 ※10歳未満の児童はご入場いただけません。
スタッフ [原作] ウィリアム・ゴールディング
[美術]礒田ヒロシ  [照明]磯野眞也  [音響]黒澤靖博 
[舞台監督]浜辺心太朗  [演出助手]佐藤優子
[演出部]日暮一成 山口ゆかり 濱原よしこ
[宣伝美術]古川タク(イラスト)+富岡甲之(スチール)+西 英一(デザイン)
[票券]ぷれいす  [制作]藤川けい子
[協力]タクンボックス Gプロダクション 劇団朋友
[製作](株)オフィス ワン・ツー

[情報提供] 2010/12/01 11:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/01/17 14:30 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大