tsumazuki no ishi

ザ・スズナリ(東京都)

2007/07/19 (木) ~ 2007/07/23 (月) 公演終了

上演時間:

犬嫌いではない。
どちらかというと好きな方である。猫を飼っているが、いつか犬も飼いたいと思っている。ぐらいの好きさであるが、なので、今回のタイトル「犬目線…」は、犬たちに対して申し訳なく思いながら題した。つまりは「犬目線」というコトバを、やはり蔑すみのニュアンスで使ったからで、だからって犬た...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/07/19 (木) ~ 2007/07/23 (月)
劇場 ザ・スズナリ
出演 原千晶(ワタナベエンターテインメント)、寺十吾、釈八子、宇鉄菊三、猫田直、日暮玩具、杏屋心檬、松原正隆、太田晶子、鈴木雄一郎、岡野正一、松嶋亮太、中野麻衣、蒲公仁(個人企画集団:ガマ発動期)、中村靖日
脚本 スエヒロケイスケ
演出 寺十吾
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,800円
【発売日】2007/06/01
前売り3500円、当日3800円(全席指定席)
サイト

http://tsumazuki.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 犬嫌いではない。
どちらかというと好きな方である。猫を飼っているが、いつか犬も飼いたいと思っている。ぐらいの好きさであるが、なので、今回のタイトル「犬目線…」は、犬たちに対して申し訳なく思いながら題した。つまりは「犬目線」というコトバを、やはり蔑すみのニュアンスで使ったからで、だからって犬たちを蔑んでるわけではないことを、すべての犬たちに、この場を借りて弁解しておきたい。
いつも絆のことを描いているが、今回は「愛」に挑戦。ある種の愛は凶器でしかないこと。それを捨てるのが、命を捨てるより難しいこと。武器が殺傷機能以外に何の用途もないように、ある種の愛は忌むべきもの。というと「暴力」のはなしかと思われそうだが、ある意味そうでもあるし、でも「暴力」レベルに生易しいものではない。
何ものも育まない愛があり、それを背負わされた者の生涯は、その重みに耐えるのみのものであり、その重力で姿勢が低くなり、世界を視る視線の高さが「犬目線」。だということにしておく。
とにかく物騒なはなしではない。病のはなしだと思ってくれていい。この類の病に患わされている者に対して、極めて同情的にならざるを得ない。その者に手向けるべき愛が、どうしても見つからないからだ。
その他注意事項
スタッフ 【照明】Jimmy((株)フリーウェイ) 【音響】 岩野直人(ステージオフィス)  
【舞台監督】田中翼  【舞台美術】小林奈月  【宣伝美術】立花文穂   【宣伝写真】久家靖秀
【舞台写真】nana   【演出助手】岡野正一  【制作】原田瞳 J-Stage Navi

[情報提供] 2007/05/04 02:23 by 七音

[最終更新] 2007/12/27 12:42 by 七音

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

七音

七音(0)

役者・俳優 制作

今回のtsumazukiは「愛」がテーマなんです。 ...

このページのQRコードです。

拡大