あなピグモ捕獲団

OFF OFFシアター(東京都)

2010/11/18 (木) ~ 2010/11/21 (日) 公演終了

上演時間:

表現は誰かの目に晒され、耳を突き刺し、味を残して表現した端から腐っていく。
誰かが冷凍して留めた表現もうまく解凍することは出来はしないだろう。
まして、そうでないものなら打ち上げられた魚のように腐っていく。
表現の締め切りという名のギロチンが頭の上に用意されて、誰しもが表現を強いられる。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/18 (木) ~ 2010/11/21 (日)
劇場 OFF OFFシアター
出演 貝谷聡、石井亜矢、遠藤咲子、為平康規、ますだようこ、小澤貴、江崎穣(ハリケーンディスコ)、上田理紗子、力武修一(劇団リケチカ)、杉本美豊
脚本 福永郁央
演出 福永郁央
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,800円
【発売日】2010/10/19
前売2500円/当日2800円(日時指定)
※学生割引 前売1500円(要予約・要学生証提示)
※グループ割 3名様以上でお1人様2000円(要予約)
サイト

http://homepage2.nifty.com/PIGMIX/index2.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 表現は誰かの目に晒され、耳を突き刺し、味を残して表現した端から腐っていく。
誰かが冷凍して留めた表現もうまく解凍することは出来はしないだろう。
まして、そうでないものなら打ち上げられた魚のように腐っていく。
表現の締め切りという名のギロチンが頭の上に用意されて、誰しもが表現を強いられる。
刹那に表現したこと、
眠れない夜に取り憑かれて表現したもの、
何十年も暖めて表現できなかったこと、
全ての表現の締め切りがその者の世界を切り刻む。
幾度となく落下するギロチンから逃れようと、退路なく走る命果てるまでの疾走は、
終わることのないサラバの繰り返し。
千切れ飛ぶ世界が疾走の後ろで、正しさと愚かさを綯い交ぜにして舞い上がる。
誰かのサラバは鈍い僕らには届かないけれど、僕のサラバはこれからの君に届けよう。
その他注意事項
スタッフ
    
    
    
    

[情報提供] 2010/09/27 22:50 by 1793

[最終更新] 2010/12/19 09:11 by 1793

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

このページのQRコードです。

拡大