フェスティバル/トーキョー実行委員会

にしすがも創造舎 【閉館】(東京都)

2010/11/20 (土) ~ 2010/11/24 (水) 公演終了

上演時間:

残酷でいてポップ、滑稽であり皮肉、非情かつ容赦ない挑発的な表現で現代のマテリアリズムや歪んだ消費社会の病巣をえぐり出す異端、ロドリゴ・ガルシアが待望の日本初上陸! 撒き散らされる牛乳、散乱する本、縛られた身体...そこでは全てが等しく消費され、くたびれ、汚れていく。人が消費の過剰に陥ったとき、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/20 (土) ~ 2010/11/24 (水)
劇場 にしすがも創造舎 【閉館】
出演 パトリシア・アルバレス、イケ、ルベン・エスカミジャ、フアン・ロリエンテ、ヌリア・ロアンシ、イサベル・オヘダ、ダビー・ピノ、ダニエル・ロメロ、ビクトル・バジェホ
脚本
演出 ロドリゴ・ガルシア
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,000円
【発売日】2010/09/05
自由席 一般 前売 4,500円(当日 +500円)、学生 3,000円、高校生以下 1,000円(前売・当日共通、要学生証提示)
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/program/rodrigo/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 残酷でいてポップ、滑稽であり皮肉、非情かつ容赦ない挑発的な表現で現代のマテリアリズムや歪んだ消費社会の病巣をえぐり出す異端、ロドリゴ・ガルシアが待望の日本初上陸! 撒き散らされる牛乳、散乱する本、縛られた身体...そこでは全てが等しく消費され、くたびれ、汚れていく。人が消費の過剰に陥ったとき、いかなる行動を取ることができるのか?
その他注意事項 刺激の強い表現がありますので、16歳以上の観劇をおすすめします。
スタッフ 照明
カルロス・マルケリエ
技術監督
ロベルト・カファギーニ
音響
マルク・ロマゴサ
衣装
ベレン・モントリウ
アニメーション
クリスティーナ・ブスト
映像
ラモン・ディアゴ
音楽
チキータ&チャタラ、ダヴィド・ピノ、.テープ.
制作
モニカ・コフィーニョ、マリアテ・ガルシア、ディエゴ・ラマス
製作
国立文化記念協会
助成
ラボラル・テアトロ(アストゥリアス公国政府)
日本公演スタッフ
技術監督
寅川英司+鴉屋
舞監監督
弘光哲也
演出部
杣谷昌洋
小道具
栗山佳代子
演出部
北村泰輔、田中翼
照明コーディネート
佐々木真喜子((株)ファクター)
音響コーディネート
相川晶((有)サウンドウィーズ)
字幕操作
幕内覚(舞台字幕/映像 まくうち)
テキスト翻訳
寺尾隆吉

[情報提供] 2010/09/18 09:15 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/12/19 16:35 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大