演劇

第八回公演

衛星放送に殺意を、

デザイン:小島ゆきこ

0 お気に入りチラシにする

演劇

第八回公演

衛星放送に殺意を、

ハイバネカナタ

劇場MOMO(東京都)

2010/09/02 (木) ~ 2010/09/05 (日) 公演終了

上演時間:

【あらすじ】
キリストが生まれて2045年、
全てのテレビ番組は検閲が入っていた。
メディア戦争をフルアクセルで通過し、
検閲が当たり前になった時代。

アオシマが半生共に歩いた謎は
まるでフェルマーの最終定理だ。
一向に解ける気配も無いまま、父親を憎むほどになった。

そ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/02 (木) ~ 2010/09/05 (日)
劇場 劇場MOMO
出演 小島ゆきこ、服部紘二、國重直也(JOHNNYTIME)、三瓶大介(ククルカン)、塩谷典義(ク・ナウカ)、鈴木麻美、土屋真由美(BQMAP)、村上寿子
脚本 服部紘二
演出 服部紘二
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2010/08/01
前売り2,300円、当日2,500円
初日割引2,000円(要予約)
サイト

http://haibanekanata.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【あらすじ】
キリストが生まれて2045年、
全てのテレビ番組は検閲が入っていた。
メディア戦争をフルアクセルで通過し、
検閲が当たり前になった時代。

アオシマが半生共に歩いた謎は
まるでフェルマーの最終定理だ。
一向に解ける気配も無いまま、父親を憎むほどになった。

そして、14年と317日ぶりに再会したサクライ家の姉妹は、
長い年月が、血のつながりをほどく事を知った。
二人の間を繋ぐ筈の言葉は、壁をすり抜け、
宇宙を折返し地点に、テレビの向こうから聞こえてきた。

検閲の手をかいくぐり、テレビの中でアオシマが呟く。
「このドラマはあなた達の失われた15年だ。」

アオシマはマイク片手に喋り続け、姉妹はお互いを殺し合い
ドラマが現実をたいらげる。
姉妹の世界がアオシマの謎を解く、アオシマの足元にはそんな希望だけが転がっていた。

最後に笑うのはいったい誰か。
検閲の手はゆっくりと手のひらをグーにし始めていた。

衛生放送が考案されてから100年。
相変わらず、現実がドラマよりドラマチックだなんて事はない。

【解説】
ハイバネカナタが描く2045年。
約1年ぶりの新作です。
ガンダムもザブングルも出てきませんが、
近未来SFには違いありません。
お楽しみにどうぞ。
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】西廣奏
【照明】千田実(CHIDA OFFICE)
【音響】井上直裕(atSound)
【舞台美術】小林奈月
【制作協力】feblabo
【製作】「衛星放送に殺意を、」製作委員会

[情報提供] 2010/06/12 14:47 by はっとり

[最終更新] 2010/09/09 09:44 by はっとり

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

ふぇぶ

ふぇぶ(8)

制作協力です。

ジョニー

ジョニー(0)

初出演です。よろしくです!

はっとり

はっとり(0)

役者・俳優 脚本 演出 映像

脚本・演出・出演しております。 頑張るだけです。

このページのQRコードです。

拡大