坂口安吾 白痴

デザイン:高橋裕樹

0 お気に入りチラシにする

726

OFF OFFシアター(東京都)

2010/10/14 (木) ~ 2010/10/19 (火) 公演終了

上演時間:

~あらすじ~

映画演出家・伊沢の情熱は死んでいた。

戦時中。
闇市や賭場、淫売が横行し、商店街の生態はひどく荒みきっている。
その最中、自分はプロパガンダの為だけに働いている。
夢に見る文化映画など、撮れるはずもない。
不本意に給料を得て、それでも仕事を捨てられずに日々の生...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/14 (木) ~ 2010/10/19 (火)
劇場 OFF OFFシアター
出演 鬼塚俊秀、西地修哉、大塚秀記、高田裕司(大沢事務所)、中原三千代(扉座)、原田麻由(Guild.B)、ほりすみこ(ここかしこの風)、結(バークインスタイル)
脚本 ほさかよう(空想組曲)
演出 北澤秀人
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2010/09/05
前売り2800円・当日3000円
学生割引2500円(要学生証)
初日特別割引2000円(ツイッター・ブログ等で感想を書いてくださる方に限り利用可。予約方法詳細はHPにて)
サイト

http://www.act726.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ~あらすじ~

映画演出家・伊沢の情熱は死んでいた。

戦時中。
闇市や賭場、淫売が横行し、商店街の生態はひどく荒みきっている。
その最中、自分はプロパガンダの為だけに働いている。
夢に見る文化映画など、撮れるはずもない。
不本意に給料を得て、それでも仕事を捨てられずに日々の生活を送っていた。

間借りしている家の隣には気違いの男が住み、その女房は白痴だった。
ある晩、伊沢が部屋に帰ると万年床の布団が無い。
不審に思い、押入れを開けてみると、そこにはなんと白痴の女が隠れていた。

その日から、別な生活がはじまった。


---------------------------------

今回坂口安吾の白痴に挑みます。

たくさんの可能性の中でこの作品を選びました。
その理由は、正直な話、縁とかタイミングです。
それしかないです。
もうちょっと詳しく言うと、「時代」とか「世代」だと思っています。
今ここに生きていて、芝居を作ろうなんて思っているから、この作品に意味を見つけられたのかもしれません。

良かったら、劇場でご覧になってください。

団体としての個人的なことを言えば、この作品は726の初期の活動を締めくくる作品になります。
ありきたりですが純文学3部作というイメージです。
「一つの終わりと、一つの始まりを詰め込んだ作品」です。

作品が作品なので、かたっ苦しいイメージがあるかもしれません。
稽古前なのでいろんなことをお約束するのは危険かと思いますが、
知識や教養を押し付けたり、無理矢理笑わせたりはしません。
これは約束できます。

物語の中にいる、そのままの人間を見て頂ければ幸いです。
そうなれるよう努力します。


726 鬼塚俊秀
その他注意事項 16日(土)19:30よりアフタートークあり
スタッフ 【美   術】 濱崎賢二(青年団)
【照   明】 橋野明智
【音   響】 天野高志
【舞台監督】 澤麗奈(アーティザンステージワークス)
【衣   装】 恵美秀彦(emir heart)
【宣伝美術】 高橋裕樹
【制   作】 726
【企画・製作】 726

[情報提供] 2010/06/03 15:58 by フリット

[最終更新] 2010/10/24 18:07 by フリット

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー6

つぶき

つぶき(0)

制作でお世話になります。

葉

(51)

脚本を担当しています。 安吾の見ていた景色を目指して...

ひでぽん(さみっと。)

ひでぽん(さみっと。)(0)

出演します。 726初出演です。楽しみです。 よろ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大