演劇

不消者(けされず)第十四回公演

帝銀事件の頃

不消者(けされず)

笹塚ファクトリー(東京都)

2010/04/21 (水) ~ 2010/04/25 (日) 公演終了

上演時間:

1945年8月15日太平洋戦争終結―。

あれから3年、元軍人の哲夫は、障害を持つ山田とともにパンパンと呼ばれる街頭娼婦のポン引きをし、兄貴分の幹次郎に利益の一部を納めることで生活していた。しかし、パンパンたちは個人主義で仲が悪く、人生経常は豊富だが悲しさや寂しさがあった。哲夫を尊敬する心...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/04/21 (水) ~ 2010/04/25 (日)
劇場 笹塚ファクトリー
出演 兼崎健太郎、武内由紀子、桜田聖子、名塚佳織、尾崎亜衣、小園菜都、久保梓、柴木丈瑠、黒坂カズシ、逸見輝羊(北区つかこうへい劇団)、佐川和正(文学座)、田中智也、佐藤圭右、山本卓(アフロ13/エレキ隊)、久保田南美、唐橋充
脚本 有本貴博
演出 和田小太郎
料金(1枚あたり) 4,300円 ~ 4,300円
【発売日】
全席指定 前売・当日 4,300円
サイト

http://www.tuffweb.jp/teigin/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1945年8月15日太平洋戦争終結―。

あれから3年、元軍人の哲夫は、障害を持つ山田とともにパンパンと呼ばれる街頭娼婦のポン引きをし、兄貴分の幹次郎に利益の一部を納めることで生活していた。しかし、パンパンたちは個人主義で仲が悪く、人生経常は豊富だが悲しさや寂しさがあった。哲夫を尊敬する心優しい、白痴の五郎は、パンパンの亜希子に恋をしていた。しかし亜希子は悪徳警官である竹田の情婦で、心を病んでしまっていた。登美子は戦死した夫の帰りを待ってっている。記憶をなくした復員兵が夫ではないと知りながらも、記憶を取り戻そうとしていく。哲夫のよき理解者である洋は生きることの意味を、哲夫に問いただしていく。
各々が「生」を過し、求める中でたどり着く答えとは…。
その他注意事項
スタッフ 作:有本貴博
脚色・演出・プロデュース:和田小太郎
演出助手:佐藤信也(疾駆猿)
舞台美術:横尾友広
照明:大塚之英
音響:末谷あずさ(日本音効機器産業)
衣裳:平石尚子
メイク:KOKESHI
特殊効果:森本浩
宣伝美術・WEB・物販:礼泉堂
制作:設楽敬子(TUFF STUFF) 近藤多恵(TUFF STUFF)
舞台監督:吉田慎一(Y's factry

[情報提供] 2010/04/21 09:12 by じべ。

[最終更新] 2011/01/27 13:10 by じべ。

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大